日日のきれはし。

言葉すかすか状態。

今月の携帯料金請求があまりにも高かったので、携帯から頻繁にブログ更新したりmixiにアクセスしたりするのはやっぱり控えねば。というわけで、電車の中で携帯を手にするのをやめ、本を読むことにした。最近読書量がとみに減っているのは携帯のせいだけではないけれど(本番が近くなると作品に集中したくなるので、どうしても読書を遠ざけてしまう・・・1ヶ月何も読まない月もある)、やっぱり携帯やテレビは時間食いだと思う。食われた後に残るのは、空虚のみ。

言葉と身体は密接に関わり合っていて、どっちかがすかすかになればその影響はもうかたっぽに及ぶ。言葉すかすか状態が続いてたわたしの今の身体は全くもって面白くない。料理だってマンネリ化している。自分なりにおいしくて体に良い料理を作っているとは思うけど、自分のいちばんやりやすいことしかやっていない。今まで一度も作ったことのないものとか、出会ったことのない食材とか、やってみろー、って思うんだけど、羊の目玉とか猿の脳みそとか目の前に置かれたらダッシュで逃げるよ、絶対。

そんな中、今日(すでに昨日)から、セッションハウスにて伊藤真喜子さんの連続WSに参加。1週間インプロ漬けなんてどうなるやら。参加者は意外に顔見知りが少なく、しかもほとんど若人。まずの課題は脱reaction。そしてダンスにおけるessence。
[PR]



by kuukazoo | 2009-01-24 01:40 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧