日日のきれはし。

WS&公演終了。

あっという間に2月。気づけば立春。
2月は早い早い。あっという間に逃げてしまう。WSと公演が終わったとたんに眠気がどっと押し寄せて、この2日間はずるずると寝ていました。たいしたことしてたわけじゃないのにな。ただ、WSとかリハとか入ると、後ろめたさからの反動か、ごはんだけはきっちり作らねば!とか1時間で掃除しなければ!とかいう変な主婦スイッチがONになってしまう今日この頃。疲れたのはそのせいかもしれない。
でも、グループのインプロパフォーマンスにこれだけ集中して取り組める機会なんてそうそうないし、すごく勉強になったし、これからに生かせると思う。参加してよかった。真喜子さんはじめ今回ご一緒した方々には本当に感謝です。ありがとうございました。

今回はグループで、即興で、その場その瞬間に振付、構成していくやり方を学んだのだけど、もちろんこれはいろいろあるうちの1つのやり方でしかないし、そんな即興なんてつまらないと思う人もたくさんいるだろう。また、そういう即興「作品」と時間をかけて創られた作品とを比べて優劣が云々されることも往々にしてある。
難しいけれど、即興だろうと振付と構成があるくらいにクリアに踊りたいし、振付で踊る時だって、即興のような選択の新鮮さやぎりぎりさがなくちゃ面白くない。
って、ずっと思ってるんだけどいまだにできてるとは言えない・・・
今、大事だと思っているのは、「今」に埋没し過ぎないこと。ほんのちょっとの過去と未来も含めて踊ること。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-05 01:11 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル