日日のきれはし。

カナリアに憧れる蚊。

2日続けて事故やら故障やらで電車のダイヤが乱れている。昨日は2分前にタイムカード打刻とぎりぎりに滑り込み。まあ遅延証明もらってるからそんなに焦らなくてもいいんだけど、そういう日々のありふれた綱渡りに「勝った」と内心ガッツポーズしてしまうわたしって一体。
今日は風が強かったのでちょっと早めに駅に向かったことが幸いした。いつもと違う電車で、いつもと違う風景の中を行くのは、素直に楽しい。

全然関係ないけど、去年11月に踊ったDSの写真と映像ができてきたので、恐る恐る見てみたが、踊りより先に自分があまりにも痩せていることにショックを受けた。6月とか8月とか9月に踊った時はもう少しお肉がついてたはず。11月のは骨と皮、とまではいかないにしても骨と筋、という感じ。こんな体で踊っていたなんて全く気がつかなかった。うちには体重計もないので、今何kgあるのかもわからない。
ダンサーは痩せぎすよりも適度にお肉がついてた方が力学的に見ても美しいと思う。ジャズを踊ってた頃もかっこいいダンサーは、みんなナイスバディだった。その辺にはずっとコンプレックスを抱いていたけど、いつの間にかそんなことは忘れていた。
しかし現在、ジャズをやってた頃より明らかに痩せている。今更コンプレックスは感じないが、こういう悲惨な体型で踊ってることにいささか困惑というかすみませんと言いたくなるというか。11月の作品は「人間離れしてる」「虫系」「ロボ」などの感想をいただいたけど、それは多分に体型のせいもあったのかもしれないなあ。でも、数年前には「カナリアに憧れる蚊」ってのもあった。今に限ったことじゃないのかも。
どうしたものか、と思ってもどうしようもない。踊るにあたって、女らしい要素はすでにどこかに捨ててしまったようだし。
これからはなるべく厚着して踊ろうか。
[PR]



by kuukazoo | 2009-02-06 17:55 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧