日日のきれはし。

空間とのセッション。

昨日はコラボラボoh-ho主催の細田茂美&万城目純リーダーズWS第3回目、に参加。
前2回とは全く違い、普通のWSじゃなかなかあり得ない体験ができた回となりました。
巨大なカオス出現、というか。詳しくはブログじゃ書けないので、興味ある人はわたしに直接聞いて下さいな(笑)。

今回は今まで縦長に使っていた空間を横長に使ったりしたので、わたしは縦の動線をほとんど使わず横の動きばかりになってしまって、これだけのことでもずいぶん行動が制限されるもんだなと今更気づいたり。こういう無意識のうちにとっている空間に規制された行動ってとても興味深い。
そういうこともあって、今回のWSはわたしにとって音とのセッションというより空間とのセッションでした。空間との関わりはやり慣れているけれど、その域を突破できないのよね。昨日は巨大なモノと行為によって空間が大きく変わっていったので面白かったけれど、どんどん広がっていくカオスの淵の前で、ダンサーとしてはやりながら結構途方に暮れたり困ったり、これも即興の醍醐味と言えばそうなのかもしれません。いや、世界の縮図かも。でも、あえて言ってしまう。またやりたい。

帰る途中で弟家に無事長女誕生とのメールあり。予定より1週間早かったのかな。ともあれ、よかったよかった。次の世代が着々と。

(前回記事に引き続き「ダンス馬鹿」の写真。作品冒頭に出てきた謎のアフロちゃん)
f0039843_1524256.jpg
f0039843_1528384.jpg

[PR]



by kuukazoo | 2009-03-21 15:21 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル