日日のきれはし。

鳴くよ鶯。

そろそろ梅雨入りというのに、毎朝鶯の囀りが聞こえてくるのだけど、鶯が鳴くのは春だという固定観念のせいで、何となく気になる。婚活が長引いているのか…
と、思って調べてみたら、鶯は鳴き始めるのが春先、ということであって、夏ぐらいまで鳴いてるらしい。あと、鳴くのも雌へのアピール以外に他の雄に対するなわばり主張という意味があるのだそうで、別に婚活がうまく行ってないとかそういう訳ではないようだ(ごめんよ鶯)。ついでに鶯の社会は一夫多妻制らしい。初めて知った。
いや、鶯のことはとりあえず置いといて、いよいよ来週6月13日土曜日、ダンスシードです。わたしは今回ノマド~s振付作品に出演するのですが、今頃筋肉痛になってます。日頃の鍛え方が足りん…情けなや。
ちなみに今回の作品のタイトルは『ツンドラ』。
一年中溶けることのない永久凍土が広がる極圏の地。ヨーロッパ北方の言語で「樹のない平原」を意味する言葉。
女性3人によるトリオ作品です。
ツンドラと言えば、地球温暖化で永久凍土が融け出し、封じ込められていたメタンガスが大量放出されて温暖化がより進行する、という説もあって、いろいろ考えさせられます。
とまぁ、ツンドラの豆知識はおいといて、お時間が許すようでしたらお立ち寄りいただけると幸いです。
この日は他にもソロダンス3作品が上演されます。19時開演!
[PR]



by kuukazoo | 2009-06-04 19:25 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧