日日のきれはし。

穴掘り。

作品をつくるのは何だかトンネルを掘るのに似ている。
しかし入口からつくるとは限らない。いきなり土の中にできることもあるし、そしたらそこに着くための道を外から掘ったり、逆に中から外に向かって掘ったり、ということになる。入口だと思ってたら出口だったりその逆だったり。
今回はわりと素直に入口から作っている。出口もなんとなく決まってはいる。ある程度入口出口の当たりができていれば、途中の道もなんとなく決まってくるとは思うのだけど、入口は結構綿密に作らないと、途中でいろいろずれてしまって目指す地点にたどり着けなかったりする。とは言っても入口ばかりいぢっていてもトンネルはできないので、いきなり途中をぶち抜いたり、出口から中に向かって掘ったりとかいうことも必要なんだなあとか思ったり。

って、発見した!つもりだったんだけど、すでにどっかで誰かに言われたことをようやく身を持って知っただけのことのようにも思う。まぁ、それも大事なんだけどね。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-18 09:51 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧