日日のきれはし。

ICiT(1)。

5連休のまっただなかですが、ICiT Dance Salon開催中です。
一昨日19日は「サロン」ってことで出演者が集まり、それぞれがリーダーとなって短いワークショップをやりました。普段なかなか知ることのできない、他のダンサーの創作の手法や、踊りや動き、感覚の起こし方、興味を持っていることなどに基づくワークが体験できて、とても興味深い時間でした。
それから、フリンジで行うアフタートークについて、どういう形式にしていくかを各グループでミーティング。アフタートーク自体あまり参加したことがなかったし自分でリードして進めるなんてやったことがないので、結構気がかり。ダンサーって普段あんまり喋らんもんね(そうでもない?)。というか、喋ることを避けてる、めんどくさがってる部分もある。終演後にそれぞれ懇談、というのはあっても、アフタートーク、って形式の中で話すのはちょっと・・・って感じ。自分が話すこともだけど、お客さんに話してもらうというのも、なんか感想を強要しているような感じで実は気が重かったりする。
まずダンサーがどう話の先鞭をつけて、お客さんからどう話を引き出していくかについて、各自アイデアを出し合い、まあなんとかなるでしょう・・・なんとかしましょう!ということで、一抹の不安を残しつつ(笑)、1日目サロン終了。

んで昨日。
本番もアフタートークも無事終了しました。
連休中にもかかわらずご来場下さった皆さま、出演者&スタッフの皆さま、ありがとうございました。
自分の踊りの出来については後で反省文を書くとして、
アフタートークはかなり有意義な時間でした。少なくともわたしにとっては。
お客さんとの話の中で、自分も話しながら発見することがあったり、今後の課題がはっきりしたり、方向性のようなものがおぼろに見えてきたり、するんですね。今まで無意識にやってきたことを言葉にする努力をする、ってことは大事だなと思いました(もちろん危険も伴うけれど)。
いや、やってみるもんでした。
参加して下さった皆さまにあらためて感謝です。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-21 12:38 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧