日日のきれはし。

ICiT(4)。

ICiT Dance Salon、終わりました。
連休中にもかかわらずご来場下さった皆さま、ありがとうございました。出演者にスタッフの皆さまもお疲れ様&ありがとうございました。

踊るよりも話す時間の方が長かったような気がする企画だったけど、それもまた良し。表現や日頃の活動や社会的なことや今後について、悩みも疑問も希望もたくさんのことがシェアできて、これからの糧にしていきたい5日間でした。

まぁ何にせよ、こんな自分でも踊り続けていけるのは幸せなことだし、感謝すべきことなり。
だから少しでもいい踊りができるように、日々がんばらないとね。

そう書きながら気づけば、もう9月も残り少し。
蝉の声も聞こえなくなりました。
日もすっかり短くなって、金木犀の匂いがします。
あ〜、電車かバスに乗って、ちょっと遠くへ行きたいなあ。
すごくでなくていいから、ほんと、ちょっと遠くへさ。
[PR]



by kuukazoo | 2009-09-25 18:41 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧