日日のきれはし。

2009年の終わりに。

だめ母を通り越してだめ人間モードどころか人間失格モードに成り果てているよーな気がする年末でございます。おかげで週末はどこへも行けず引きこもり。
去年は透視的情動@横浜ザイムやメガロの水流し@ルデコに参加したりと踊り年末でしたが、とても1年前のことには思えず、ずいぶん遠い昔のことのように思えてなりませぬ。
(今年は観に行きたいけど、仕事納めだし、間に合わないかもなあ・・・)
さて、今年の終わりはこれです。忘年会のビールが美味しく飲めるよう、体を使い、体で遊ぶWSをやります。お気軽にご参加下さい。

ICiT シェアリング WS(2009.12.30)

それぞれに独自の活動を展開する振付家やダンサーが集い、交代でリーダーを担当す
る月1回のダンス・ワークショップ(原則として第4水曜日に開催)。
それぞれのメソッドや経験を活かした個性豊かなメニューにより、ダンスへの多様な
アプローチを共有することが出来ます。
「ICiT Dance Salon in RAFT」の活動の一環として2009年10月よりスタート。誰にで
も開かれた場として継続していきます。
第3回目の12月は年も押し迫った中ですが、終了後、交流会も兼ねての忘年会も企画
しています。お気軽にご参加下さい。


◎ 今月のテーマは「カラダで遊ぼ」

リーダー:岩崎一恵、秦真紀子、吉福敦子

(内容)
岩崎一恵
テーマ「動かされる」
自分以外の要因によって動かされる、あるいはそのような状況を作り出す企みを探り
ます。具体的には、「ある縛り」付きのデュオを行う所をスタートに模索をしていき
ます。

秦真紀子
テーマ「ちいさなカラダ・日常のカラダ」
・とてもシンプルな動きにフォーカスして、そこからダンスを立ち上げてみる。
 どんな条件でカラダは変化して反応していくかを味わいます。
(・目をつぶったときと閉じたときの感覚の違い
 ・音があるときとないときの違い 等)
・日常的な動きからダンスを立ち上げてみる。
 どんな動きからダンスを拾えるか探してみる

吉福敦子
テーマ「カラダとモノから」
実際にカラダがモノと関わるところから、その動きの必然を探していきます。カラダ
とモノの先入観を捨てて、遊んでみましょう。
ワークでは「水」を使う予定です。濡れても大丈夫な着替え、タオルなどをご用意下
さい。



日時:2009年12月30日(水) 
15:00〜17:30
*14:30開場。着替えやウォーミングアップにご利用ください。

会場:StudioGOO(京王線千歳烏山駅徒歩8分)
03-3326-4945 世田谷区粕谷4-7-19
地図はコチラです。
http://homepage3.nifty.com/studiogoo/gooinfo/goomap.html
携帯からはコチラを
http://homepage3.nifty.com/studiogoo/gooinfo/goomapk.html
*千歳烏山駅は「特急」「準特急」は止まりませんのでご注意下さい。
 
参加費:500円

お問合せ・お申込み:ICiT〜Independent Choreographers in Tokyo〜

mail: ICiTdance★gmail.com ★を@に換えて送信ください。
URL: http://www.ne.jp/asahi/no/sense/icit.html

*18:00からStudioGOOにて交流会を兼ねた忘年会(=望年会!)を行います。
 会費は無しです、何か1品。飲物でも食べ物でも、なんでも可。持って来て下さい。
[PR]



by kuukazoo | 2009-12-29 01:58 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル