日日のきれはし。

ふきのとう。

3月もあっというまに半ばにさしかかって、そりゃ寒い日もあるけどもう冬の寒さのように突き刺さる感じじゃないし、紫陽花の枝からはどんどん新しい芽が吹き出してるし、イヌノフグリの小さな青い花も咲いてるし、如何ともしがたく春を感じるこの頃です。毎年この時期になるといつも思うことですが、植物のみなさんはホントに偉いですね。人間と違ってためらいというものがない。尊敬です。

ところで、今住んでいるあたりでは生えているのを見かけないのですが、スーパーに売ってました。ふきのとう。1パックに3センチくらいのちっちゃいのが10個くらいだったか、198円でした。洗ってゆでてきざんで油でちょっと炒めたとこに味噌を適当にどかっと入れ、さらに砂糖と味醂と酒をこれも適当に入れて練り、ふきのとうが味噌となじむまでほっぽっておきます。スーパーで買ったやつでも結構香りと味がするものですね。五十嵐大介の『リトル・フォレスト』というマンガに載ってた「ばっけみそ」(東北ではふきのとうをばっけと呼ぶらしい)を真似してみたのですが、予想以上においしかったのでびっくりしました。ごはんにもお酒にも合います。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-16 01:33 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル