日日のきれはし。

折り畳まれた手順。

その危険性と獰猛さばかりが注目されてしまうスズメバチですが、彼女たちは小さい妹の世話と家事に追われるけなげなお姉さん達なんだよ
冬が来たら死んでしまうんだよ

と言ってもなあ。
勝手に共感しても話の通じる相手じゃないのがかなしいですね。
とにかく種の存続。そのための行動だけが本能としてインプットされてる。個体を維持するのもその大きな目的のため。母はひたすら卵を産み姉はひたすら育児と家事と労働。見事な分業。あんな小さい体のどこにそんな手順が折り畳まれているのでしょう。
どこかからともかく這い出して、それから何をするかはもう決まっている。ずるずると体から引き出される手順に疑いなく従う。その行動は種によって(あるいは属性とか役割)まるで異なる。しかし、目的は同じ。それは地球に生まれた宿命みたいなものなのか?うーん、期せずして何だか壮大になってきた。

人間として生きているとそういう部分がよくわからない。ごちゃ混ざってる。きっといろいろ複雑過ぎるんだろうね。
[PR]



by kuukazoo | 2010-10-07 20:40 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル