日日のきれはし。

2月あれこれ。

おっと2月。節分、立春。メダカ池が氷に覆われるほどの1月の寒さはどこへやら、最高気温10℃超える日が続く。
ずいぶんブログも書いてなかった。2か月くらいろくに本読んでなかったので、図書館で本をがしがし借りて読んでいる。今さらだが、平野啓一郎の『決壊』を読んだ。久々にがっつり小説と格闘した感があった。無差別殺人をテーマにしているだけに、過剰なほどに緻密な描写はかなりグロテスクだし、内容はとことん重く暗く、難解な部分も多く、さらに結末には救いもカタルシスもない。けれど、そうならざるを得なかったというのは納得だし、そのことがこの作品への評価を下げるものであってはならないと思った。

しばらく本番もリハもないので、行けるうちにダンス公演をいろいろ観る予定。っても今月は横浜でやる公演が多くて正直困る。何せ遠いので交通費がバカにならんのよ(笑)。というわけではないが、今週は笠井瑞丈『風の記憶』@セッションハウスと金魚(鈴木ユキオ)『HEAR』@青山円形劇場を観た。はみ出すほどの体がやはり面白い、と思う。

あと、有休を取って初めてマンモグラフィ検診を受けた。結果はまだ先にしかわからないが、やっと受けられたことでとりあえず安心してたりする。他のがん検診も受けなければならないのだが、市の集団検診はいちいち有休をとらなきゃいけないのがめんどいのよね。だから土日やってる医療機関で個別検診を受ければいいのだけど、忙しいとついつい後回しになってしまう。いかんいかん。
[PR]



by kuukazoo | 2011-02-07 02:02 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧