日日のきれはし。

「ふ」のこと。

日頃あまりスイーツを食さないはずのわたくしだが、なぜか今ヤマザキのふわふわスフレホイップカスタードにハマっている。袋にオレンジ色の「ふ」の字がでっかく書いてあるアレである。仕事場に行く途中のコンビニの棚にこの「ふ」が3×3で整然と並んでいるのがかわい過ぎて、気がつくともうレジに連れて行ってしまう。すでに2週間くらい毎日1個、お昼ごはんの後に食べているというヘビロテというかすでに中毒。1個105円と安い割にはそこそこおいしく、大きめなので満足度が高い。ふわふわな食感もなんか食べた感じがしなくてお腹に溜まった感がないのも良い。しかしカロリーだけはしっかり取っているのだろう。恐ろしや。

で、今日も「ふ」を食べながらふと思い出したのだが、この「ふ」に似たお菓子を小学生の頃に食べたことがあるのだ。名古屋に住んでいる父方の伯母が手土産に近所の洋菓子店で買ってきてくれるもので、甘いものに飢えていた田舎の餓鬼どもはそれはそれは喜んだものだった。それが「ふ」への偏愛の理由なのかはわからないが、思わぬところで失われた時を探り当ててしまった。「ふ」恐るべし。

しかしいつまでわたしは「ふ」を食べ続けてしまうのであろうか。回転の早いコンビニのスイーツ棚にいつまでも3×3で並んでいるとは思えないのだが、「ふ」が店頭から姿を消すのが先かわたしが飽きるのが先か。
[PR]



by kuukazoo | 2011-02-09 01:21 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧