日日のきれはし。

relationship。

4月です。
ここでは宣伝しなかったけど、1日と2日に公演があって踊りました。作品タイトルは『relationship』。同じ船に乗り合わせてしまった女たち、という設定の、ダンサー11人+アコーディオン奏者1人。わたしは、かなりすごいセンスの緑のワンピースに黒縁眼鏡、七三に分けた髪をぱっちんピンで留めたうえ、赤系の柄のスカーフを被って、時代錯誤というかどこの移民の女やねんみたいなキャラで踊りました。自分としては、キャラが強すぎてちょっと振り回されたというかダンスはどうだったんだよみたいな反省が。あと、文庫本を小道具に使ったんだけど、やはりその扱いが難しかったな。衣装とかキャラとか小道具とかがダンスの助けになっていたかというと、かなり助けられていたとも思うし、それらに頼り過ぎたとも思うし。周囲の評判は良かったんですけどね。本人の予想以上にかなり似合ってたみたいで。

2日の終演後、アコーディオン奏者の方が、渋谷のとあるカフェのクロージングパーティでライブをするというので、皆で押しかけました。企画者の方のはからいで、少し踊らせてもらったうえに、おいしいお酒とお食事とデザートまでついて、思いがけず素敵な時間を過ごすことができました。relationshipという船に乗って、この場所に行き着いたことも何かの縁なのでしょうね。ただ感謝したいと思います。すべてに。
[PR]



by kuukazoo | 2006-04-06 00:34 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル