日日のきれはし。

本とか、台風とか。

日曜のパフォーマンス終わって月、火曜は睡眠不足と内臓疲労でへろへろ。うむー、いろいろあり過ぎて何から書いたらいいかわからん。
とりあえず、「彼女の読み方」@yahiro8、おかげ様で無事終了いたしました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。そして一緒に踊ったダンサーの皆さま、インスタレーション作者の栃木さん来島さん、yahiro8の木村さん恭和ちゃん猫のチロちゃん、お疲れ様&ありがとうございました。

作品空間を本と見立て、それを読み解く行為がダンスとなる、というコンセプトは、元書店員としてはかなり心騒ぐものがありました。読むという行為はそこに意味を読み取ろうとしたり理解しようとしたりする能動的な行為であり、探索する行為であると思うし、読んで初めて立ち上がる何かがある。そういうことをダンスでやってみたいと思いました。というか、わたしにとってダンスとは正にそういう行為かもしれない。ただ、それって見せるものなのか?というかそれによって見えてくるものに価値はあるのか?っていう疑問はありますが。
あと、内と外を行き来したい、つなぎたい、という動機もあったかな。それはyahiro8に入って最初にやりたいと思ったことでもありました。
まぁそんなこんなでやりたい欲望の割には足りないことが多すぎな感もあり…いつものことですか、はい。

水曜日は11月のICiT Dance Salon_Raftの顔合わせ。恒例のグリーティングWS。体動かしたりあるテーマについてディスカッションしたり、いい時間でした。
今回は秦真紀子さんとのunit《co-Re-color(コ・レ・カラ)》で11/5、6に踊ります。約2年ぶりか。

明日は透視的情動_関西。台風で新幹線止まると困るので金曜のうちに大阪入り。着いた時点では雨も風もそれほどじゃなかったけど、明日の朝に最接近ですか…大丈夫かな。
[PR]



by kuukazoo | 2011-09-02 23:49 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル