日日のきれはし。

もう11月ですよ。

ここんとこちょっと腰が痛いことが多くて、困ったもんである。
これまで骨盤が後傾気味であったのがバーレッスンや何やらで矯正され、腰回り股関節回りの筋肉の使い方など大きく変化しているのでそのせいもあるだろうし、筋腫の影響もあるだろうし、年齢のせいもあるだろうし、連日のリハのせいもあるだろうし、うーん。いろんな要因が関係しているのであろう。とにかく今までになく頻繁に痛むのである。
でもなぜか踊っている時は痛まない。というか感じない。脳内麻薬で脳が満たされているからか。いいのか悪いのか。まあ、いつものことといえばいつものことである。

さてさて、今日から11月。今週2日からICiT Dance Salon in RAFT_4が始まります。2、3日は10分作品の「10 minutes」4、5、6日はちょっと長めの作品の「round table」です。わたしは5日(開演15:30)、6日(同16:00)に出演、秦真紀子さんとの「co-Re-color」というユニットで踊ります。お互い普段はソロで踊ることが多く、全く違う身体、踊りの2人が繰り広げる約25分。ご都合よろしければぜひ足をお運び下さいませ。RAFTは小さいスペースなので定員があります。ご来場をお考えの方はお早めのご予約をお願いします。
その次の週末はダンスカンパニーノマド~s「ユーバー デン ベルク」で踊ります。こちらも絶賛予約受付中。
[PR]



by kuukazoo | 2011-11-01 07:29 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル