日日のきれはし。

4月から5月へ。

5月です。
4月末の休日は、
1日目:稽古→生パスタの店→一箱古本市@谷根千、
2日目:ふとんカバー洗濯と庭掃除、
3日目:お風呂場の換気扇と窓掃除→音とダンスの即興セッション
という感じの過ごし方。
一箱古本市はスタンプラリーもコンプリートしちゃったりして、慌ただしかったけど結構楽しんだ。あ、一箱古本市とは谷根千界隈を中心とした有志による古本イベントで、カフェやギャラリーや書店などの店先のスペースをお借りして、段ボール一箱の古書店を開くというもの。段ボール一箱でも店主さんの個性があらわれてて、興味深い。
庭掃除は冬の間寒さを口実に怠けてたけど、あったかくなるともう言い訳できないし、雑草が伸びてくると景観上ご近所にも迷惑なので、重い腰を上げざるを得ず。池のメダカも動きが活発になってきた。産卵用にホテイアオイ買ってこなくちゃ。
即興セッションは、新宿区の公共施設にて。希望すれば一緒にやりたい人とのセッションもできる方式。しかし、毎回いろんな人がいるものだなあと感心する。そして、音楽の人とやる中で踊る自分の立ち位置をいつも考えさせられる。音楽の人は基本動かないからなあ。動く必要がないからだけど。音楽を聴かせることが目的だから、音の部分でセッションが成立してればOKなわけだし。まあ、ダンサーも音と絡むだけならいいのだけど・・・でも、音もからだが出しているのだから、音もダンスの一種であると強引に言えないこともない。そういうふうに捉えれば、また違う感覚でセッションできるかも。
[PR]



by kuukazoo | 2012-05-03 05:07 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル