日日のきれはし。

annular eclipse@2012.5.21。

金環日食の翌日は冷たい雨。
やっとこ薄着に慣れたところで、うっかりすると冷やして風邪ひきそう。用心用心。

朝ご飯とかお弁当作りとか洗濯とかで朝はぱたぱたしていたので、日食にべったり張り付いてはいられなかったし、曇ってもいたけど、それでも合間合間に外に出て「おー。ホントに欠けてる」「おー。輪っかになってる」と雲の切れ目に確認。太陽が月に隠れていくにつれ、周りがうすら暗くなっていくのは、不思議な感じだった。近所の犬が何だかやけに吠えていた。

太陽も月も地球も他の惑星も、自分固有の動きをしていて、たまたますれ違ったり並んだりする時に、たまたま人間が立ち会うチャンスがあって、それを勝手に楽しんだり見過ごしたりしてるんだろうな。それってダンスではないかなと思ったりする。昨日の金環日食なんてまさにスペクタクルなダンス。

本当はすごく離れてる星と星なのに、人は自分の見た目でつなげたり名付けたりして、そこに運命や物語を創ったりしちゃうのだし、何でそんなことやっちゃうのか、というのがそもそも謎だ。

天体のことを考えるのは好きだ。大き過ぎて見えないスピード。遠すぎて刻めないリズム。
[PR]



by kuukazoo | 2012-05-22 22:35 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル