日日のきれはし。

春のたべもの。3

火曜日は寄り道もせず、近所のスーパーで蕗と筍と浅蜊を買って帰る。浅蜊を塩水に浸ける。蕗を茹で、すじを取る。筍を茹でる。蕗を自分で料理するのは実は初めて。すじを取る作業は結構手間。以前は食べようとすら思わなかった食材なのに、こういう手間を経ても食べてみたい、料理してみたいと思うこの変化は、やはり年のせいだろうか。すじを取り終えて水にさらした蕗のきれいなひすい色を見ているとなぜか心が浮き立つ。この日は蕗を炒めて醤油と酒で味つけしておかかをまぶして食べた。筍と浅蜊は明日の料理に回す。今度はどうしても筍ご飯が食べたいので、明日少し早めに起きて作ると決め、寝る。
[PR]



by kuukazoo | 2006-04-27 21:41 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧