日日のきれはし。

曇、雨、ときどき晴れ。

なんだかぐずぐずと梅雨になだれこみそうな5月後半でしたが、時折の晴れ間にはこころがおどりましたね。
5月最後の10日間はまあだいたいこんな感じでした。

5月21日(日)  ひさびさに晴れ。きこり文庫の「おどりば」ワークショップにスタッフとして参加。当たり前のことですが前回とはまた違った顔ぶれ、また違った展開となりました。特にしめつけも強制もない場所で、ぽこぽこと起こっていたいろんなことに対して、直接関わりはもたないまでも、開いていられたかなあ、ゆるくつながっていたかなあ。時間と空間の境目が曖昧に感じられて、自分がどこに属しているのかよくわからない感覚がこわいようでもありたのしいようでもあり。いま思い返してみるとあんまりスタッフとしては役に立ってなかったかも、です。すみません皆さま。

5月22日(月) 吉祥寺シアターにてNomade~s「Gesicht und Geschichte」(ゲズィヒト  ウント  ゲシヒテ)ヨーロッパツアー公開リハーサル。この作品は一昨年くらいから場所を変えメンバーを変え続いているらしいのだが、ぢつは今回初めて観たのでした。いろいろ勉強になりました。

5月23日(火) 前の日にパワーヨガをやったせいか臀部が筋肉痛。とくに股関節の周辺が。なさけないのう。「もやしもん」(石川雅之/講談社)3巻を買う。シュールストレーミング全開な巻。(げ)

5月26日(金) ぼちぼち自分のソロの稽古をはじめる。ひさびさにポテトサラダを作る。林檎を入れるところが母直伝。

5月27日(土) 曇時々小雨。小6女子が学童の合宿で一泊二日で勝浦へ行くので5時起きで弁当作り。午後、イスラエルから来たノアム&シーラのコンタクトインプロのワークショップ@森下スタジオ。こないだのクルトのワークショップとはまた全然違い、コンタクトというのはホントに人によって全然フォーカスとするところがちがうのだなあと思いつつも、それはそれでとても楽しいしスリリング。しかしインプロの中で高いリフトをしたりというのはあいかわらず苦手。されるのは得意なんだが。流れの中でタイミングをつかむ一瞬をいつも逃す。

5月28日(日) 三軒茶屋シアタートラムにてかもねぎショット「サークルダンス」。かもねぎショットはすっごく前に青山円形劇場で「婦人ジャンプ」を観て以来。あいかわらずわけわかんないハイテンションさがやっぱ好きです。エンターテインメントに徹しているところは潔いし、何に徹しようと潔いのはやっぱり良いと思います。

5月29日(月) 思い立ってすり足の練習をする。

5月30日(火) 米原万里、岡田真澄、そして今村昌平逝去。みんな癌。夕方に雷雨。ジャワ島で大地震のニュース。

5月31日(水) 夏日。稽古。息子が同居する両親を殺して自殺するという事件が2件続く。そこまで詰まる前に逃げ道はなかったのだろうか、と思う。天候の変化が激しいせいか、小6女子は鼻風邪気味。夕食、味噌汁に飽きて豆乳スープを作る。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-03 16:49 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧