日日のきれはし。

多謝多謝☆「イロドル昼。カナデル夜、」

ICiT1dayプロデュース参加「イロドル昼。カナデル夜、」@RAFT、無事終了しました。作品を観て下さった皆さま、WSに参加して下さった皆さま、本当にありがとうございました。そしてサポートいただいたRAFTの皆さまとICiTのcode20xxノシロナオコさんに心より感謝いたします。
今回は作品上演と即興セッションワークショップの2本立てでした。どうしてそういう形式にしたの?と聞かれることが意外に多かったのですが、1日枠の中で2回公演するよりも、ダンスを「見たい」人と「やりたい」人、それぞれに対応したプログラムをやってみたいと思ったからです。ワークショップについてはわたしたちの作品や方法論とは関係なく、参加者の自由な発想やお互いの関係性から生まれるものを生かしつつ、セッションする時間を楽しんでいただくものにしました。逆を返すと、「作品つくりたい」と「いろんな人たちと踊ってみたい」のどっちもやりたいわ!というco-Re-colorの欲望が根底にあったりするわけですけど。
作品については、昨年末踊ったICiT10minutesでのソロをモチーフにしました。全くゼロから作ったわけではないにせよ長尺のデュオ作品は初めてのことだったので、果たして形になるのかどうかものすごく不安でしたが、コンセプトに揺らぎがなかったためか不思議に迷走はしませんでした。しかし、今思うと粗が目立ったかもしれず、作りこみ不足だったかなとか、いつも思うところで今回も反省です。それはとにかく、一緒に作ってくれた秦真紀子さんには大変助けられました。あらゆる無茶振りに華麗に応えて下さり、さすがです。感謝です。
ワークショップは、これまた個性豊かな皆さんが集まって下さり、とても濃いパフォーマンスが展開され、充実した楽しい時間となりました。それぞれのいろんな表現があって、見ているだけでもとても興味深く、いったいどこからこんな反応が⁈と目から鱗が落ちまくりでしたね。こういうワークショップを仕切るのも実は初めてでしたが、参加者の皆さんのご協力あって、本当に良い場と時間が生まれました。ありがとうございました。
また、機会があればこういう企画をやってみたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]



by kuukazoo | 2015-09-22 11:52 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧