日日のきれはし。

筑波山に登る。



f0039843_1554182.jpg

なんと前回投稿から4か月もあいてしまった。仕事がくそ忙しかったのと、訳あって心が揺れていたせいで音楽ばかり聴いていたからだ。おかげでNew Orderにどっぷりはまって、今まで知らずにいたことをたくさん知り、歌詞についてもいろいろ認識が改まった。バーニーがマジに音痴だということも。

基本的にGWは、各自自由行動ということになっている。今年も夫くんは自分の作品制作、大学3年女子さんは陸上大会で京都に遠征なので、わたしは通常の稽古に出るほか、WSに参加したり谷根千の一箱古本市に行ったりとひとり気ままにふらふら過ごしていたのだが、どうした風の吹き回しか夫くんが突然、
「1日くらい、二人でどっか行こう」
などと提案してきた。
しかし、いきなりそう言われても困る。ひとりで楽しめる場所と誰かと楽しむ場所ってのは違うんである。夫くんがオフの時はだいたい美術展巡りに付き合うのだが、この時期目ぼしい展示は観てしまったというので、「自然の中に行きたいです」とだけ言っておいた。

というわけで筑波山に行こう、ということになった。
大学時代、行った記憶はあるけど登った記憶はない。
というか、当時は、筑波山に行く=山に登る、という認識すらなかったに違いない。
そんなものだから、全く舐めていたわけである。
1000mないし、高尾山に毛が生えた程度の山であろう、というわけで、南流山からTXに乗って終点のつくばで降り、筑波山へのシャトルバスで筑波山神社まで行き、そこから女体山頂を目指す白雲橋コースを登った。途中まではそんなにきつくは感じなかったが、山頂近くなると急な岩登りの道もあり、予想外な体の使い方を強いられた。一応トレッキングシューズだけは履いてきたことについては、自分を誉めたいと思った。
しかし、日頃体幹やハムストリング強化を優先して、大腿四頭筋を鍛えないダンサーなものだから、内側広筋に痙攣がきてしまい、たいそうプライドが傷ついたのであった。自転車で遠出したりする時もよく同じようなことになる。水分を取ると治まるので、筋力だけではなくて水分やミネラル補給のタイミングが上手くいってないのかとも思う。登っている間は前のめりに集中してしまってそういうことがお留守になりがちなので、余計気をつけないといけないんだろう。
登り出したのが昼過ぎと遅い時間だったので、山頂についたのは16時近く。登っただけで達成してしまった感があり、つくば駅への終バスが17時なので、ケーブルカーで下山。
大腿四頭筋を鍛えていつかリベンジを。

山頂近くにはこんな岩も。
筑波山がこんな場所だなんて、学生の頃は全然知らなかった。もったいないことをしたかも。
f0039843_15541810.jpg

[PR]



by kuukazoo | 2016-05-05 15:54 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧