日日のきれはし。

迷走して瞑想する。

f0039843_1556163.jpg

f0039843_1556197.jpg

f0039843_1556187.jpg

f0039843_1556151.jpg

f0039843_1556182.jpg

梅雨明けはまだのようだけど、すでに夏と言ってもいいくらい暑い。もう昨日から蝉も鳴いてるんだからさっさと明けようぜと思う。もう7月も半分過ぎてしまった。
4月に職場の席移動があって、7月になってからというもの暑く、一人で汗ばんでいる。空調のせいなのか、わたしのせいなのかはわからない。
日本国内もところによっては局地的に記録的豪雨となるなど、今年も異常気象である。川が氾濫し、土砂崩れが起こり、道路が寸断され、家が流される。

6月に散策研究会という活動に参加して、中野区の住宅街の路地や裏道を歩き回ったり、暗渠についての本を読んだりして、今見ている風景は作り替えられ続けてきた結果であり、それもまたプロセスに過ぎないということを考えている。

歩くことが好きでほっとくといつまでも歩き回ってしまうタイプの人間らしい。
自分が迷っていることに気づいたら、まず立ち止まって、自分が今どこにいるのか確認することが必要である。
だが、もしかすると迷走しながら瞑想しているのかもしれないという素敵な可能性を思いついてしまったので、ヤバイことこの上ない。
迷路は頭の中にもある。
[PR]



by kuukazoo | 2017-07-17 15:56

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル