日日のきれはし。

霜月尽。

11月も終わりです。今年もあと1ヶ月。ひ。
青ざめる前にもうひとがんばりしなきゃいけないとこですが、体のあちこちが痛いとこだらけです。まだまだ体の使い方がちゃんとできてないんだな。
しかし、自分の作品だろうが他人の作品だろうがつくることってつくづく難しい。いや、自分の作品だったらまだ自分のやるべきことやりたいことを自分で決めればいいし、余計なことを考えなくていい分楽だともいえる。他人の作品の場合はそういう訳にはいかんしな。他人と踊ることは好きだけど、一緒に作品をつくることはまた別のことなのかもしれん。
むー。

余計なことを考えなくていいように、体や踊りに集中せねば。だ。
[PR]



by kuukazoo | 2006-11-30 16:48 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル