日日のきれはし。

選ぶ。

1週間くらい前につくった左足の甲の小さな傷がじくじくと未だに治らない。
こういう治りの悪さも歳のせいなのか?やれやれ。

すごくひさしぶりに短歌関係のサイトをめぐってみた。
相変わらず精力的な人もいればお休みしている人も。
わたしはここんとこ短歌とはずいぶん離れてしまっている。
荒れ地だ。
言葉と身体とどっちも大事なのだけど、短歌とダンスという2つの表現を両立するのは難しい。要するに未熟者、ってこと。
そして今はダンスを選んでるってこと。
中途半端なままにあれもこれも、っていう場合じゃないんだよな、もう。
もういい加減自分なりの方向とか立ち位置を見つけなければいけない時期に来ていると思う。
もう時間だってそんなにないし、歳だし。
やりたいこととやるべきことを一致させていかねば・・・
でなければいつまでたっても自分のダンスなんて見つからないだろうから。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-22 02:46 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧