日日のきれはし。

目の疲れ。

最近ドライアイなのか、コンタクトレンズをつけていると目が異常にしょぼしょぼする。おかげで目薬の減りがはげしい。稽古中は禁まばたきみたいなシーンもあって、これも時々つらい。ダンスでなくても集中しているとまばたきの回数が減るので、結果、目がつらくて注視を中断せざるをえなくなり、集中が切れる。昨日、風の強い昼間にあるダンス公演を観に行ったのだが、そんな目の疲れのせいもあってなかなか集中ができず、途中寝てしまったりもした。だが、それにしても!やりたいことが何にも伝わってこない公演だった。ダンサーにやる気あったのかな?とまで思わせられてしまったよ。感情を抑制しているのはわかるし、体を見せたいというのもわかるんだけど、でも基本的にモダンダンス的な体と振りと構成の中に時々不定形なものを挿入してみました、ってふうにしか見えなかった。別にモダンダンスが悪いってことじゃなく、それが単なるテクニックにしか見えなくて、とっても興ざめ。ああ、なんか書いてて自分にはねかえってくることも多々。体へのこだわりが自己満足にならないように、わたしも気をつけなくてはいけないなあ。あと、箱がでかすぎてダンスに合ってない気がした。もっと狭いところで、観客に近いところでやれば面白かったかもしれない。音も「音楽」というより「音」だったのだが、これもやたらボリュームでかすぎ。客入れが無音だったので、すごく期待したのにな。もっと繊細なことを本当はやりたいんじゃなかったのかなあ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-25 10:03 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧