日日のきれはし。

すれすれ。

きこり文庫『人という字は』本番まであと1週間となりました。
稽古はいよいよ激しさを増し、体に小痣や小傷をこしらえるダンサー続々。そういうものをこしらえない体の使い方というのもあるのだが、あえてそれを選ばないというのがきこり文庫の勇気あるとこかもしれない…
と、きこり文庫作品初参加のわたしは思ったりします。

すれすれをゆく。
すれすれの瞬間の連続を生きる。
そして、作品としてそれを見せるということ。
難しいけど、そんなことができたらすごいかも?!
[PR]



by kuukazoo | 2007-03-09 09:50 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル