日日のきれはし。

乾いて候。

油断してマスクをはずしていたら、職場の乾燥した空気にあやうく喉をやられかける。去年からユニ・チャームの超立体マスクを愛用していて、自宅と職場に1箱ずつ常備している。自宅はともかく、職場はエアコンの効き過ぎで乾燥しまくっていて、もう、顔の皮膚なんかつっぱってきてしょうがないし、目薬にハンドクリームにリップクリームにのど飴は欠かせないし、腕とかもかさかさでかゆくなっちゃって思わず袖をまくったりしてしまってるのだけど、そんなありさまなのはどうもわたしだけみたいで、他の人たちは全然平気そうなのである。机にミネラルウォーターの1.5Lボトルをでんと置いてがぶがぶ飲んでいるのも、花粉症でもないのに顔の半分を覆うマスクしているのもわたしだけである。げほげほ咳してるにもかかわらずマスクをしない人から身を守るため、なんともないわたしがマスクをせざるを得ないのである。不条理。冬だろうが夏だろうがエアコンなんて嫌いだ。諸悪の根源。

そしてわたしは自宅で湯たんぽに癒されるのでした。湯たんぽのあたたかさというのは、火や電気や猫とも違う、湿り気を帯びたあたたかさなので、皮膚にじんわりしみとおる感じなのです。はあ〜。
[PR]



by kuukazoo | 2006-01-25 23:59 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧