日日のきれはし。

spring。

ぬるかったりすこしつめたかったり、ときどき雨だったり。
去年はやたらふきのとうとか新たまねぎとか浅蜊とか筍とか料理しまくって、食べまくって、みんな美味しくって、すごく春を感じたのに、今年はなんだかあまりピンときません。さすがに筍は茹でねばと思って2回ほどやったけど、あとはあんまり食べたいと思わない。つまんない。

とはいえなんかやたらにむやみにおどりたいこの頃です。
やっぱりspringだしね。びょんびょん。ばねばね。

きのうの午後は神田の楽道庵というところで、友だちの参加してるダンスを観てきました。
なかなかすてきに味わい深い空間で、いつかわたしもここでおどりたいなと思ったです。
外の音がとてもよく入ってくる場所なんだけど、選挙前日なもんで候補者の「お願い」がものすごく、それはそれは無遠慮にがんがん聞こえてくるので、「ああ〜、ここでやってることなんてこの人たちにとっては全くどうでもいいんだよなあ〜、でも、そんなもんだよなあ〜」なんて思いながら、全く関係ないものたちが共に存在してる時空間で、互いに影響し合ったりし合わなかったり、そんなことをぼーっと考えながら観てました。目の前のダンスを集中して観る、っていうよりは、すごく漫然と、集中したりしなかったり、全然違うもの見てたり聞いてたりしていて、それはたぶん空間の風通しの良さのせいで、ダンスしている人がいて、音を出してる人がいて、観ている人がいて、見ていない人がいて・・・・ってことがゆるされるような空間だったからだという気がします。

さてさて、わたしも受け身ばかりではいけません。
ちょっとずつでも自分から動かねばの春。
[PR]



by kuukazoo | 2007-04-22 23:07 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル