日日のきれはし。

レモンとふきのとうと二胡。

夏も近づく八十八夜。
うまれたてのあかるいみどりは、日に日に濃さを増してゆく。
若葉のころはあっというまに過ぎ去ってしまうのだなあ。

近所のスーパーは改装以来無農薬のレモンを置かなくなってしまったので、会社の帰りに途中下車して有機野菜とか扱ってるお店に行く。レモンの他にふきのとうも買ってしまった。今年はふきのとう味噌を作ってなかったので、やっぱり食べたかったのだ。ちょっと時期外れではあるけれど。

家に帰ってさっそく作ってみた。
美味しかったけど、やっぱりこれは春先に食べるもんだと思った。インパクトが違う。

きこり文庫のパフォーマンスの時、二胡にさわらせてもらい、ちょっとだけ弾かせてもらったりもしたのだが、弓で音を奏でる楽器というのは初めてで、きれいな音を出すにはとても繊細な力加減が求められることを知った。そういう感覚を磨きたいと切に思った。
というわけで、今とっても二胡をやってみたいのだが、はてさてどうしたものか。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-02 23:58 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル