日日のきれはし。

5月の本。

f0039843_1843476.jpg

ますます夜起きていられない今日この頃のわたくしであります。しかも目下活字中毒状態なので読みながらいつの間にか寝ていたりして、気がつくと5月も終わりに近づいているではないですか。
寝不足のせいか本の読みすぎのせいか、5月のひかりがまぶしくてなりません。息継ぎのへたな泳ぎ手のようにあっぷあっぷしながら歩いています。

昨日はいっぱい本を買ってしまいました。
その日発売の『暁星記』7巻だけ買うつもりだったのに、最初に入った本屋にはなくて、でも諸星大二郎の『私家版魚類図譜』があったので買い(だって家の本棚には『私家版鳥類図譜』もいる)、次に入った本屋で棚に1冊だけ差してあった『暁星記』7巻を発見。このマンガはもう連載はされてなくて単行本書き下ろしでしぶとく続いており、この巻で完結予定だったんだけど、帯には「クライマックスが到底収まりきらず続刊が決定!」とか。笑う。
その後、復刊が待たれていた『最後から2番目の真実』(フィリップ・K・ディック)がすでに積んであったのでそれも買い、愛しの堀江敏幸さんの最新刊『バン・マリーへの手紙』も勿論買い、危うく歯止めが利かなくなりそうになったが、なんとかそれ以上は思いとどまり、帰る。

欲望のおもむくままに買っているともう本が増えて増えてかなわないので、なるべく図書館を利用するようにしているけど、やっぱりそういう訳にはいかない本は迷うことなく、買う。

そんなこんなで日曜に図書館で借りてきた本を読む合間に昨日買った『暁星記』と『魚類図譜』を読み、堀江さんの新刊を愛でる。もぉ触るだけでしあわせ(笑)なのです。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-24 18:43 | ときどきの本。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧