日日のきれはし。

漬け物(2)。

f0039843_14243720.jpg

うちの梅たち。
先週の水曜日に赤紫蘇を投入。最初、赤紫蘇の葉っぱを塩でもんであく抜きをするのですが、暗紫色の汁と泡がとても邪悪な感じ(笑)で気分は魔女。大きなボウル一杯の葉っぱがあっという間に握りこぶしほどの量になってしまいました。あまりにも邪悪な紫色の汁しか出なかったので、こんなの入れて紫色の梅干しになったらどうしようと不安になりましたが、梅酢を少し器に取って紫蘇を入れたとたん、とてもきれいな赤に発色しました。わんだほー。
そして無事に赤紫蘇投入終了。
うーん、なんかあっけない。意外に簡単だった。量も少ないせいか。もちろん梅雨の間カビが生えたりしないよう見守ってあげたり、梅雨明けの土用干しなどもあるのですが、今まで絶対自分には無理!と思っていたことだけに(大したことじゃないけどさ)、やってみないとわかんないもんだ。

そもそも今まで梅干しは義母が漬けたものを送ってもらっていたのだが、今年は義母の体調があまり良くないので、じゃあ自分でやってみようかと思ったのだけど(市販の梅干しはいろいろ余計な調味料が入っていてあまり食べたいと思えないので)、こんな歳になっても、つくづく、人にいただいているばかりの人生だなぁ~と何だか情けない自分に気づかされる。なかなか越えられない。
[PR]



by kuukazoo | 2007-06-18 14:24 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧