日日のきれはし。

そもそもの間違い。

土曜日の夜、都内ではまた雪が積もったようですが、我が家の近辺では雨にとどまりました。でも、先週降った雪がいまだに残っています。玄関前の雪だるまもなかなかしぶとく。なんだかんだで寒い日々ですが、あちこちで梅がぽつぽつ咲いているのを見かけるようにもなり、少しずつ何かは変わってるんだなあと思ったり。

この間、去年買った堀江敏幸さんの『バン・マリーへの手紙』をやっと読み終りました。堀江さんの本は購入して、読む前に手に取って愛でているだけで満足してしまうのが良いとこでもあり困ったとこでもあり、いやあ見てるだけで人を幸せにしてくれるって本は今時ないよなあと思うのですが、そばに置いておきたいあまりについついどこにでも持ち歩いてしまい、気づいたら白い表紙がちょっとよごれて傷んでしまってました。
これではいかん!と思って、ブックカバーを買いに最寄りの駅ビルの文具屋に走ったのですが、文庫本サイズは豊富にあるものの、単行本サイズというのは置いてすらいないのですね。世の中とはそういうものなんでしょうか。とはいえ、理不尽に憤っている場合でもなかったので、100円ショップで買ったランチョンマットと布用の接着剤で間に合わせで作ってみました。材料の割にはなかなかの出来(自画自賛)だったけど、どうやら本だけじゃなく稽古着やらお弁当やらCDやらペットボトルやらなんでも1つのかばんにがしがし無理やり詰め込んであちこち移動しているのがそもそもの間違いのようで、ブックカバーより先にもっと大きめのかばんを買った方が、愛する本のためにもいいのではないかという気がしています。
[PR]



by kuukazoo | 2008-02-11 13:22 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル