日日のきれはし。

まだ。

昨夜、1年くらい前のメモノートを読み返してたら、ダンスについてはだいたい今と同じようなことを悩んでいたりして、あまりの進歩のなさに呆れる。そんなに高いハードルを設けているつもりはないはず(と思う)だが、なかなか乗り越えられないのは何故だろう…
それは、適当なところで妥協してやり過ごしちゃっていること、感覚(対・体、時間、空間)への意識が浅いこと、自分のやるべきことがまだ不明確にしかとらえきれてないこと、主にこの3つに集約されるように思われる。
でも、2年位前にはそんなことに気づいてもいなかった。単に好きなようにに踊るだけでは満足感を得られなくなってはいたけれど、作品とか構成に関しては全く無自覚で、さらにそのことすら自覚してなかったから、それに比べればちっとはマシになったのかどうか。
そうは言ってもまだ何一つ納得できてなどいない。
課題は体で克服されねばならない。
[PR]



by kuukazoo | 2008-02-13 22:39 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧