日日のきれはし。

メダカ@バケツ

f0039843_21553459.jpg

メダカの稚魚用バケツ。
百円ショップで買ってきて、赤玉土と池の水とホテイアオイを入れて、日なたに放置。
採取した卵は2Lペットボトルを半分に切って作ったにわか水槽に入れて、これも孵化まで放置。

メダカをもらった日から約20日、めでたく初孵化ですよ。なかなかまめに採卵できないのでバケツにはまだ数匹程度しかいないけど、これから賑やかになってほしい。

メダカの成魚は水草に産みつけた卵や稚魚を食べてしまうので、増やしたいなら人の手で卵を隔離して、食べられないサイズに成長するまで育ててやらねばならないという。
池飼いの場合はそんな必要もなく、ほっといても自然の摂理に従って増えたり減ったりするのだろうが、養殖の楽しみってのも経験してみたかったし、これから池にボウフラが大繁殖する季節なので増員体勢で臨んでいただかねばならんというのもある。

さて、今悩んでるのは餌のこと。
池メダカたちには餌やりの必要もないのだが、バケツメダカたちにはやっぱりちょっとは市販の餌をあげた方がいいのだろうか。
バケツの水は池の水なので、ボウフラとかアカムシが時々混じってるけど、稚魚が食うにはでかすぎだし。プランクトンは目に見えないからいるのかいないのかわからない。
蚊の幼虫の動きはぐるぐるしていて、なかなか楽しい。成長しなきゃいいのに。
[PR]



by kuukazoo | 2008-05-28 21:55 | メダカ@池

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧