日日のきれはし。

終わりました。

土曜日DSのソロ、終わりました。
当日ご覧いただいた皆さま、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。



以下、自分のために書いておく。
なんかもー、毎回のことだが今回も直前まで迷走して、当日ゲネも最悪、周囲に心配をかけ、本人も不安でひしゃげそうになりながら、それでも本番はちっとはマシに踊れたかという感じ。少なくとも頭の中の踊りをなぞるに終わった去年に比べれば。しかし、いつになったらいい加減、ぎりぎり追い詰まった精神状態で本番に向かうというこのパターンから脱却できんのかね。追い詰まり過ぎて正直なとこ、今は達成感より徒労感の方が強い。まぢに疲れた。というか、今も疲れてる。反動がでかすぎて、抑うつ状態に近い。表面的には日常生活ができているのが奇跡に思えるが、全く大したこともしてないたかだか20分程度のダンスでこれほど追い詰まってへたっている自分はかなり情けないとしか言いようがない。作品をつくるということがそもそも自分に合っていないのか、やり方が間違っているのか、取り組みが甘いのか。
ここんとこ、本番は今まで作ってきたことをやるというよりは、結局全て手続きがリセットされたぎりぎりの現在を踊っているような気がしてならない。もちろん稽古を重ねてきた上で、いろんな経験をして考えてきた体で、のことなんだけど。
楽なことなんて一つもないのはわかっているが、せめて次に繋がる確かなものが欲しい。
[PR]



by kuukazoo | 2008-06-24 18:58 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧