日日のきれはし。

ワークショップ雑感。

水曜日、「MusicとDanceの即興ワークショップ 」@RAFT(中野)に参加。
最近は、ダンサーとして、今、この場で、音楽、とか音、とどう関わるか、ということに興味があるらしい。それ以前に、本当にこの方面のセンスが皆無なので、まじに勉強&チャレンジしなくっちゃ、ってのもあり、また、音楽や音でインプロする人達がどのような考えや感覚で、ダンサーのような異ジャンルの人たちと即興の場を作っていくのか、ってことも知りたいなと思っていた。

音ってクリアだし、出す出さないがはっきりしてるところがダンスと違う気がしている。あと、やることとかできることがシンプルだから、すごく強く見える。そういうのと向かい合う時、自分の曖昧さや弱さが浮き上がってきて、尻込みしてしまいがち。あるいは雑に、無難になりがち。

まあ、せっかくの機会なので、今回はあんまり協調を心がけず、自分がこうと思ったことをやって、普段やらないこともいろいろやって、ことごとく外しまくったり不発に終わったりしたけど、やってみなくちゃわかんないこともあった。何にせよ、プロセスから逃げずにしっかり経験することが大事なんだなあと思った。
[PR]



by kuukazoo | 2008-09-19 03:40 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧