日日のきれはし。

九月の終わり。

雨ですね。
日曜日は、ISIN@横浜ZAIM。
パフォーマンスも無事終了しました。
同じしつらえでも前回とは全く違い、万城目さんのオブジェの、場の、配置の、磁場というか、どこか呪術的な力や時間を強く感じながら動いていました。それは不自由ということでは全くなく、モノや音や人のからだの相互作用によってその場に生成し循環するなにものかに絶えず触れているというスリリングな感覚(イメージではない)でした。途中から自分の意思とか自我などどうでもよくなってしまい、からだだけになるとはこういうことかも、とも思ったりしましたが、すしだるの上でエネルギーをほとんど使い切ってしまい(吸い取られてしまい)、降りてからは腑抜けのような動きしかできなかったのが情けなかったっす。前半で99%使い切っても残り1%をどう100倍に増幅して終わりまで踊り抜くかが今後の課題ですな。

ご覧下さったみなさま、一緒に踊ったみなさま、素敵な音をくださったみなさま、そして万城目さんと相良ゆみさんに心から感謝します。ありがとうございました。

そして明日から神無月。今年もあと3ヶ月。早っ。
[PR]



by kuukazoo | 2008-09-30 20:27 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧