日日のきれはし。

「蜘蛛をころすと雨が降る」。

本番がとうとう今週末ですよ。まだちょっと感覚でつかめていないところがあって、そこをなんとかせねば。やってることはかなりシンプルです。うまくいけばいい意味でバカバカしい作品になる、はず。
今の課題は、粘り強い取り組みと何を削るかの見極め。それから踊るための感覚をいかにはりめぐらせるかという問題。踊る時集中するためのポイントの置き方。動線の作り方。

今後作品をつくったり踊っていく上でも欠かせないことなので、貪欲に行く。

しかし、作品タイトルがありえないタイトルになってしまった・・・
ダンス作品のタイトルとして自分でもこれはちょっとどうよ、みたいな・・・
でも、かっこいい横文字もポエミィなイディオムも全く思い浮かばなかったし。何だか出かける前にどうしても着ていく洋服が決まらなくて、「もういい!これで行く!きー!」と叫んですっごいコーディネートで出ていく時の感じに似ています。

そんなこんなですが、観に来ていただけるととても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]



by kuukazoo | 2008-11-16 11:10 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧