日日のきれはし。

2012年 03月 11日 ( 1 )




1 year 。

震災から1年。この1年間毎月11日が巡ってきて時計が14時46分を刻むたび、震災が起こる前と後で世界は引きちぎられて全く別のものになってしまったことを思い知らされた。自分はたまたま生き残ってるに過ぎない。勿論いつ自分に死がやってくるかなんてわからないし、真理ではあるけれど、だからといって誰が救われるだろう。それだけ多くのものが失われた。被災した人の痛みは計り知れない。
震災の時、首都圏は交通が止まって深夜までかかって歩いて自宅に帰ったけど、逃げられなかった人に比べれば歩いてでも帰れる状況にあっただけ全然マシなのだと思った。動けずに助けを求める人たちに一刻も早く救いの手が差し伸べられることを祈ることしかできなかった。1年経った今もこの気持ちは変わっていない。これからも忘れないように、自分にできることを。

今日は実家の宗派のお寺に行って手を合わせてきた。
一人ぼろぼろ泣いてても全然恥ずかしくない。今回に関しては変に生暖かいイベントよりお寺は全然いい。今までちょっとバカにしてたけど、それなりに存在価値があるのかもしれない。宗教についてこれまでとは違った角度からちょっと考えさせられた。帰りに会津のお酒を買った。開当男山。美味し。
[PR]



by kuukazoo | 2012-03-11 23:49 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧