日日のきれはし。

2015年 12月 20日 ( 1 )




鎌倉、山を歩く。

f0039843_19252980.jpg

f0039843_19252996.jpg

突発的にどうしても山の中を歩きたくなり、北鎌倉駅から建長寺に行き、そこから天園ハイキングコースというところを歩いた。山歩きをするのになぜわざわざそんなところまで行ったのかというと、ほとんど山初心者が何の下調べも準備もしてないけど歩き通せそうな感じのところだったからだ。一応荷物はリュックにして、靴はニューバランスのスニーカーをはいた。建長寺に着いたのが、14時30分頃。それからコースに入って、やや早めなペースでひたすら歩き瑞泉寺に降りたのが15時30分過ぎ。3kmちょっとのコースで2時間かかると書いてあったけどダンサーの脚力で1時間程度で踏破した。しかしそれなりな山道で、はき古しのスニーカーでは慎重にいかねばならないところもあったし、途中暑くてウールのショートコートを脱いでしまったけどリュックに入らないので手に持っていくしかなかったのだが、片手がふさがってるのは山道ではやはり危険をかんじた。たいしたコースではなかったかもしれないが、安全を考えると最低限の装備を考えた方がよいかもしれないと思った。
でも、楽しかった。余計なこと考えて歩いてたら怪我するので(最悪転落する)、頭も体も全部総動員させてひたすら歩くことに集中していたけど、煩悩が抜けてクリアになる感覚が気持ちよかった。瞑想してる感じに近い。あるいはマインドフルネス。これを極めると修験道になるのかな。これは独りで行く時しか得られない感覚だと思うので、ああまた孤独な楽しみを見つけてしまった...。
それにしてもリュックの使い勝手の悪さは何とかならんのか。いろいろ出しにくいことこの上ない。

ついでに、瑞泉寺から鎌倉駅まで歩いてしまった。意外と歩けるものである。しかしついてこれる人はわたしの周りにはそういないと思うので、やはり孤独(笑)。
[PR]



by kuukazoo | 2015-12-20 19:25 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧