日日のきれはし。

カテゴリ:日日。( 397 )




江ノ電に乗る。

GWからすでに世間は夏休みモード。そして日本の裏側ではオリンピックが始まっている。7月は仕事が大変忙しくて、繁忙期並に残業だったし土日はダンスWSだったし虫歯が見つかっちゃって歯医者通いだし、やっと、お盆を前に落ち着いてきた感じ。っても、やることはいっぱいあるんだな。しかしまずは休む。9月からはまた忙しモード確定なので、8月くらい休まなければ。

今日は横浜まで出たので、せっかくと思い、藤沢から江ノ電に乗ってみた。人生初である。観光情報ゼロだったので、どこに何があるかもさっぱりであるが、住宅地の中を突っ切っていくと思えば、海岸が目の前に開けたりとか、乗ってるだけで結構楽しい。でも狭い車内は観光客と海水浴客でいっぱいで、リア充感半端なかった。夏はどこも人でいっぱいである。
特に理由はないけど、由比ヶ浜で降りて、鎌倉まで歩いた。日差しは強かったけど、風が気持ちよかった。歩くによい裏道が多い場所には、惹かれる。
[PR]



by kuukazoo | 2016-08-07 18:31 | 日日。

筑波山に登る。



f0039843_1554182.jpg

なんと前回投稿から4か月もあいてしまった。仕事がくそ忙しかったのと、訳あって心が揺れていたせいで音楽ばかり聴いていたからだ。おかげでNew Orderにどっぷりはまって、今まで知らずにいたことをたくさん知り、歌詞についてもいろいろ認識が改まった。バーニーがマジに音痴だということも。

基本的にGWは、各自自由行動ということになっている。今年も夫くんは自分の作品制作、大学3年女子さんは陸上大会で京都に遠征なので、わたしは通常の稽古に出るほか、WSに参加したり谷根千の一箱古本市に行ったりとひとり気ままにふらふら過ごしていたのだが、どうした風の吹き回しか夫くんが突然、
「1日くらい、二人でどっか行こう」
などと提案してきた。
しかし、いきなりそう言われても困る。ひとりで楽しめる場所と誰かと楽しむ場所ってのは違うんである。夫くんがオフの時はだいたい美術展巡りに付き合うのだが、この時期目ぼしい展示は観てしまったというので、「自然の中に行きたいです」とだけ言っておいた。

というわけで筑波山に行こう、ということになった。
大学時代、行った記憶はあるけど登った記憶はない。
というか、当時は、筑波山に行く=山に登る、という認識すらなかったに違いない。
そんなものだから、全く舐めていたわけである。
1000mないし、高尾山に毛が生えた程度の山であろう、というわけで、南流山からTXに乗って終点のつくばで降り、筑波山へのシャトルバスで筑波山神社まで行き、そこから女体山頂を目指す白雲橋コースを登った。途中まではそんなにきつくは感じなかったが、山頂近くなると急な岩登りの道もあり、予想外な体の使い方を強いられた。一応トレッキングシューズだけは履いてきたことについては、自分を誉めたいと思った。
しかし、日頃体幹やハムストリング強化を優先して、大腿四頭筋を鍛えないダンサーなものだから、内側広筋に痙攣がきてしまい、たいそうプライドが傷ついたのであった。自転車で遠出したりする時もよく同じようなことになる。水分を取ると治まるので、筋力だけではなくて水分やミネラル補給のタイミングが上手くいってないのかとも思う。登っている間は前のめりに集中してしまってそういうことがお留守になりがちなので、余計気をつけないといけないんだろう。
登り出したのが昼過ぎと遅い時間だったので、山頂についたのは16時近く。登っただけで達成してしまった感があり、つくば駅への終バスが17時なので、ケーブルカーで下山。
大腿四頭筋を鍛えていつかリベンジを。

山頂近くにはこんな岩も。
筑波山がこんな場所だなんて、学生の頃は全然知らなかった。もったいないことをしたかも。
f0039843_15541810.jpg

[PR]



by kuukazoo | 2016-05-05 15:54 | 日日。

鎌倉、山を歩く。

f0039843_19252980.jpg

f0039843_19252996.jpg

突発的にどうしても山の中を歩きたくなり、北鎌倉駅から建長寺に行き、そこから天園ハイキングコースというところを歩いた。山歩きをするのになぜわざわざそんなところまで行ったのかというと、ほとんど山初心者が何の下調べも準備もしてないけど歩き通せそうな感じのところだったからだ。一応荷物はリュックにして、靴はニューバランスのスニーカーをはいた。建長寺に着いたのが、14時30分頃。それからコースに入って、やや早めなペースでひたすら歩き瑞泉寺に降りたのが15時30分過ぎ。3kmちょっとのコースで2時間かかると書いてあったけどダンサーの脚力で1時間程度で踏破した。しかしそれなりな山道で、はき古しのスニーカーでは慎重にいかねばならないところもあったし、途中暑くてウールのショートコートを脱いでしまったけどリュックに入らないので手に持っていくしかなかったのだが、片手がふさがってるのは山道ではやはり危険をかんじた。たいしたコースではなかったかもしれないが、安全を考えると最低限の装備を考えた方がよいかもしれないと思った。
でも、楽しかった。余計なこと考えて歩いてたら怪我するので(最悪転落する)、頭も体も全部総動員させてひたすら歩くことに集中していたけど、煩悩が抜けてクリアになる感覚が気持ちよかった。瞑想してる感じに近い。あるいはマインドフルネス。これを極めると修験道になるのかな。これは独りで行く時しか得られない感覚だと思うので、ああまた孤独な楽しみを見つけてしまった...。
それにしてもリュックの使い勝手の悪さは何とかならんのか。いろいろ出しにくいことこの上ない。

ついでに、瑞泉寺から鎌倉駅まで歩いてしまった。意外と歩けるものである。しかしついてこれる人はわたしの周りにはそういないと思うので、やはり孤独(笑)。
[PR]



by kuukazoo | 2015-12-20 19:25 | 日日。

さよならガラケー。

長年使っていたガラケーのバッテリーがとうとうちょっとメールを送信しただけでも逝ってしまうようになったので、先日スマホに切り替えた。家族はとっくにiPhoneユーザーなのだが、わたしはカシペン携帯をしつこく使ってたんである。しかし悲しいことにもうカシペン携帯はもう製造されなくなった。過去の遺物。

とりあえず安さ重視だったのでiPhoneには固執せず、機種は限られるけど料金の安いプランにした。なので機種はAQUOS。今のところ不都合は感じてない。

そうは言っても、このテキストもフリック入力で書いているが、やりにくいことこの上ない。そのうち慣れると思うが。
[PR]



by kuukazoo | 2015-11-15 22:12 | 日日。

沈滞の一歩前。

時折むなしく無気力なのはどうしてだろう。隙間に入り込んでくるめんどくささややる気のなさ。箪笥の上とかにうっすらとある埃に気づいてはいるけど払う気が出てこないようなものか。やりたいとか行きたいとかその時は思っても、気づくとその気持ちに埃が積もってて輝きが薄れてしまっている。ちゃんと埃を除いて磨いてやらないといけないのにそのままのほったらかし。ちゃんと向き合ってないってことか。年をとると疲れを言い訳にして怠けたがる癖との戦いに、より多くの気力を注がねばならない。
[PR]



by kuukazoo | 2015-06-18 18:26 | 日日。

秋、立ちました。

まる2か月更新せずでした。7月は義父の一周忌があったりICiT Dance Salon_10minで久々にソロを踊り、いわきフレンズに参加したりで、いっぱいいっぱいの日々。相変わらずのヘタレでビビりなので大したことしてないのにすぐキャパ超え症状をこじらせるのはどうにかならんものかと思うけど、多くの皆さまのおかげでこんなわたくしでも何かの一端を担わせていただけるのだなぁと、感謝です。

さて、暑さきわまる8月となりましたが、すでに暦の上では秋が立っています。その立ち姿。
[PR]



by kuukazoo | 2014-08-08 13:02 | 日日。

バックアップ。

2013年も残すところ数日となってしまった。今年はさっぱりブログを更新せず、時たまSNSに思考の断片を放流したりキーの一押しで意見表明した気分になったりしてた一方で、文通欲からポスクロを始め、あまりの英語力の無さに底上げの必要を感じた。そして、ほぼ毎日あれやこれやを記録してきた手帳をこないだ紛失した。自分はやはり書いたり記録したりすることが好きで、この1年いろいろ書いてきたのだけど、手帳にはバックアップというものがないので、どうしようもない。こういう時に備えてブログにもちょっとはまめに記録しておくべきだったか。そういえば今年はMacbookproちゃんのHDも突然逝ってしまい、こちらもちゃんとバックアップ取ってなかったが、幸いにも先代のibookちゃんにたまたまデータが残ってたので多少は救われた。
どんなに小さな、個人的なものであっても、記録とは未来のためのものなのだなぁと思う。
[PR]



by kuukazoo | 2013-12-26 12:48 | 日日。

雪崩れ込む明日。

日々の疲れが極まるといろんなおおぼけをやらかす。

封筒の宛名と中身を間違える。
ガスコンロの火を消すの忘れて煮物を焦がす。
出先に着いて荷物を忘れたことに気づくが、電車の中に忘れたのかそもそも家を出る時持って出たのかもわからない。

幸いにしてどれもおおごとにはいたらずにすんだけど、全く冷や汗ものである。

これまでは何とか辻褄を合わせることができてたけど、最近はそれもできずに明日へ雪崩れ込んでいる。
[PR]



by kuukazoo | 2013-09-27 19:05 | 日日。

1人か3日。

あっという間に7月も半ば。梅雨明けてから時間が経つの早過ぎる。というか、夏が来るのが早過ぎる。この調子でさっさと涼しくなってほしいものである。

休みたい願望が秘かに圧を強めている。休みの日は平日にできない家事や用事を片づけ、なおかつ毎日やらねばならないこともあり、しかし観に行きたいものややりたいこともいろいろある…
だが、全部やるとほんと疲れてしまい、いろんなとこにしわ寄せが行く。年を取るとはこういうことか。

自分をもう1人増やすか週休3日制にしたい。
面白そうなのは前者だが。
[PR]



by kuukazoo | 2013-07-16 09:29 | 日日。

タイミング。

梅雨に台風。
6月も半ばを過ぎると、梅干しを仕込むタイミングを図り始めてそわそわしてしまう。
いつ、どのスーパーでどこ産の梅をどの値段で買い、どの辺の熟し具合で作業をするか。
仕事や家事や稽古の合間を狙ってやらねばなので、早めに帰れて比較的時間に余裕のある日はいつか。
あんまりのんびり構えていると梅が店頭から姿を消してしまうので、ここ1週間が勝負とみている。
あっ、梅を漬ける瓶も洗って乾かしておかなくては。
梅干しは毎年漬けているし、今まで失敗したことはないけど、やはり毎回いろいろ気を遣うし、緊張する。梅酒用の瓶にたかだか2kgしか漬けないのに、である。
自分ちの庭に梅の木があって毎年実を収穫して、毎年樽漬けして・・・って、考える以上に大変だろうな。
最近は野菜も育てていないので、せめてこれくらいはやらんといかん、という気もする。
[PR]



by kuukazoo | 2013-06-20 23:08 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル