日日のきれはし。

カテゴリ:日日。( 397 )




しばし浮上。

1ヶ月近く放置してしまいました。公演終わってしばらく体調が超低空飛行だったので夜ははやばやと寝落ちな日々でしたが、やっと戻りつつあります。って気がつけば世間はお盆休みまっただなかでした。受験生1名抱えているので今年は帰省もせず。
[PR]



by kuukazoo | 2012-08-14 01:19 | 日日。

ざわつく6月。

f0039843_949094.jpg

今日は芒種。蟷螂生。
何となく空気が湿気をはらむようになってきた。梅雨入りも近いのかなぁ。
そろそろスーパーに青梅が出始めてきたので、ちょっと気持ちが落ち着かない。梅サワーを仕込むタイミングを図らねば…まだ梅干作りには時間があるけど、いろんな用事の合間にこれらの作業をねじ込むにはいろいろ調整が必要なんで焦る。数年前まではらっきょうも漬けてたけど、最近はさぼっている。

写真は新象展@東京都美術館に展示中の夫くんの作品。9日土曜まで(9:30-17:30、最終日14時まで)。お近くにお立ち寄りの際には是非。
[PR]



by kuukazoo | 2012-06-05 09:49 | 日日。

annular eclipse@2012.5.21。

金環日食の翌日は冷たい雨。
やっとこ薄着に慣れたところで、うっかりすると冷やして風邪ひきそう。用心用心。

朝ご飯とかお弁当作りとか洗濯とかで朝はぱたぱたしていたので、日食にべったり張り付いてはいられなかったし、曇ってもいたけど、それでも合間合間に外に出て「おー。ホントに欠けてる」「おー。輪っかになってる」と雲の切れ目に確認。太陽が月に隠れていくにつれ、周りがうすら暗くなっていくのは、不思議な感じだった。近所の犬が何だかやけに吠えていた。

太陽も月も地球も他の惑星も、自分固有の動きをしていて、たまたますれ違ったり並んだりする時に、たまたま人間が立ち会うチャンスがあって、それを勝手に楽しんだり見過ごしたりしてるんだろうな。それってダンスではないかなと思ったりする。昨日の金環日食なんてまさにスペクタクルなダンス。

本当はすごく離れてる星と星なのに、人は自分の見た目でつなげたり名付けたりして、そこに運命や物語を創ったりしちゃうのだし、何でそんなことやっちゃうのか、というのがそもそも謎だ。

天体のことを考えるのは好きだ。大き過ぎて見えないスピード。遠すぎて刻めないリズム。
[PR]



by kuukazoo | 2012-05-22 22:35 | 日日。

土日のこと。

土曜日は庭木の剪定やメダカ池の掃除をした。あまりにも枝葉がもしゃもしゃしていたので思い切り鋏を入れたら、危うく丸坊主にしてしまうとこだった。うーん、素人はこれだからなぁ…。ちゃんと手入れされてる庭木や生け垣を観察してみると、内側はすかすかしてるけど、外側は葉っぱ多めに残してて、なるほど〜と思った。今度はもう少し考えて刈り込まねば。
メダカは今15匹位。自然の摂理に任せているので、夏はわらわら繁殖しても冬を越せるのはだいたい10匹前後である。ということは皆さん選りすぐりのすごい方々なのですね。見る目変わりそう。

その後、友達の自主企画によるダンスの公演を観に行った。ダンサー4人の群舞で1時間くらい。皆さん踊り上手く体も利いてかなり運動量多め。ただ音楽がほとんど切れ目なく同じ音量でかかっていたせいもあり、観てる方としてはちょっと受け身になってしまった。ともあれお疲れさま。今後も頑張って。

日曜は母の日ということで、高3女子はちょっと高いアイスをおごってくれた。夫くんはお花をくれた。いえいつもお二人には大変助けられておりまするぐーたらでずぼらな母ですまんです身に余る幸せありがとうでござるもにょもにょもにょ…
[PR]



by kuukazoo | 2012-05-15 18:56 | 日日。

お母さん。

5月のGWは特別なこともなくぢみに過ごした。予定詰め込み過ぎてあっぷあっぷになるのも疲れるし、仕事が休みでも家でやることはたくさんある。自分のペースで動きたかったというのもあったし。

雨もたくさん降ったけど、5月らしく晴れた日もあり、家のまわりも緑がすくすく増えてきた。ほどよく気温も上がって良い季節なのだが、蜂のお母さん達がお家づくりを始める季節でもあるので悩ましい。
過去ベランダにアシナガバチが巣を作ったり猛暑と言われた一昨年の夏にはスズメバチが巣を作ったりして大変だったので、どうしてもこの時期の蜂のお母さんの動向には神経を尖らせざるを得ない。そんなに蜂の好立地なのだろうか。いやん。
なので、この時期になるとネットで蜂の生態や対策を検索するのが常となってしまった。おかげで変に知識が蓄積している。あんまり嬉しくはない。
5月になって早々、スズメバチのお母さんが窓ガラスにアタックしてきたし、アシナガバチのお母さんがベランダの隅っこでこっそりお家作りに着手してるのも発見した。いずれも化学兵器(殺虫剤)で撃退した。お母さん同士種を超えて仲良くできないものかとも思うが、残念ながらそれはやはり厳しい。

そういえば、人間から見て美しい動物の保護には積極的だけど、そうでない動物にはそれほどでもない傾向が見られる、という研究結果があるらしい。
確かに人間の好みとか都合で殺したり殺さなかったりだよな…
寛容と無関心、はまた違うことなのだね。
[PR]



by kuukazoo | 2012-05-09 19:21 | 日日。

4月から5月へ。

5月です。
4月末の休日は、
1日目:稽古→生パスタの店→一箱古本市@谷根千、
2日目:ふとんカバー洗濯と庭掃除、
3日目:お風呂場の換気扇と窓掃除→音とダンスの即興セッション
という感じの過ごし方。
一箱古本市はスタンプラリーもコンプリートしちゃったりして、慌ただしかったけど結構楽しんだ。あ、一箱古本市とは谷根千界隈を中心とした有志による古本イベントで、カフェやギャラリーや書店などの店先のスペースをお借りして、段ボール一箱の古書店を開くというもの。段ボール一箱でも店主さんの個性があらわれてて、興味深い。
庭掃除は冬の間寒さを口実に怠けてたけど、あったかくなるともう言い訳できないし、雑草が伸びてくると景観上ご近所にも迷惑なので、重い腰を上げざるを得ず。池のメダカも動きが活発になってきた。産卵用にホテイアオイ買ってこなくちゃ。
即興セッションは、新宿区の公共施設にて。希望すれば一緒にやりたい人とのセッションもできる方式。しかし、毎回いろんな人がいるものだなあと感心する。そして、音楽の人とやる中で踊る自分の立ち位置をいつも考えさせられる。音楽の人は基本動かないからなあ。動く必要がないからだけど。音楽を聴かせることが目的だから、音の部分でセッションが成立してればOKなわけだし。まあ、ダンサーも音と絡むだけならいいのだけど・・・でも、音もからだが出しているのだから、音もダンスの一種であると強引に言えないこともない。そういうふうに捉えれば、また違う感覚でセッションできるかも。
[PR]



by kuukazoo | 2012-05-03 05:07 | 日日。

寒いのか暑いのか。

f0039843_21281934.jpg

先週あたりは気温の変化が激しくて、体調も崩れ気味。とにかく、首周りを冷やすと免疫力が低下することが分かったので、家でも外でも薄手のマフラー巻いている。あと、足首を冷やすとお腹にくるので、うっかり裸足にもなれず。そして、喉の不調にはローソン100で売ってた「大根しょうがのど飴」が意外に効くことを発見。先週だけで2袋消費してしまった。製造元は地元の製菓会社だが、検索してみたら、なかなか規模が大きいので驚いた。

さて、4月はフジテレビ"ノイタミナ"枠の『坂道のアポロン』が週の楽しみ。監督/渡辺信一郎&音楽/菅野よう子ときたら、カウボーイビバップを愛するわたしとしては観ないわけにはいかないのさ。60年代・佐世保・恋と友情とJAZZ。今のところ期待以上に面白い。さらにその次の『つり球』も意外に面白いことを発見。こちらは、江ノ島・釣り・宇宙人。
[PR]



by kuukazoo | 2012-04-28 21:28 | 日日。

1 year 。

震災から1年。この1年間毎月11日が巡ってきて時計が14時46分を刻むたび、震災が起こる前と後で世界は引きちぎられて全く別のものになってしまったことを思い知らされた。自分はたまたま生き残ってるに過ぎない。勿論いつ自分に死がやってくるかなんてわからないし、真理ではあるけれど、だからといって誰が救われるだろう。それだけ多くのものが失われた。被災した人の痛みは計り知れない。
震災の時、首都圏は交通が止まって深夜までかかって歩いて自宅に帰ったけど、逃げられなかった人に比べれば歩いてでも帰れる状況にあっただけ全然マシなのだと思った。動けずに助けを求める人たちに一刻も早く救いの手が差し伸べられることを祈ることしかできなかった。1年経った今もこの気持ちは変わっていない。これからも忘れないように、自分にできることを。

今日は実家の宗派のお寺に行って手を合わせてきた。
一人ぼろぼろ泣いてても全然恥ずかしくない。今回に関しては変に生暖かいイベントよりお寺は全然いい。今までちょっとバカにしてたけど、それなりに存在価値があるのかもしれない。宗教についてこれまでとは違った角度からちょっと考えさせられた。帰りに会津のお酒を買った。開当男山。美味し。
[PR]



by kuukazoo | 2012-03-11 23:49 | 日日。

変化。

この冬に限っては、甘酒と干し芋が欠かせませんでした。
特に一月の寒い時期、甘酒はわたしの命の水でした。
干し芋は油断していると高2女子が全部食べてしまうので大変でした。
3月に入った今はそうでもありません。
何がどう変化したのかはわからないけど、
今はデコポンやら柑橘類に偏向しています。
春のせいかね。
自販機から缶入りしるこがなくなる前にあと1回くらい飲んでおかねばと思います。
(と思うともうないんだよな・・・)
そしてやたら感情の振れ幅が大きく、
そのせいかやたら疲れ、
やたら眠たいのであります。
[PR]



by kuukazoo | 2012-03-07 00:41 | 日日。

凍。

ずいぶん間が空いてしまった。ブログ書く時間がなかなかなく、最近はTwitterで呟く頻度が高い。Facebookもやってるけど、なんか使い回せてない感じ。でも、書きやすさでいくとやはりブログなのかなー。字数気にせずだらだら書きながすタイプなので。

1月も終わり2月…この連日の寒さはやはり例年とは違う。朝、窓の結露が凍っていてドライヤーかけながら拭き取ったりとか、メダカ池の全面に氷が張ったりとか(厚さ5〜10mmくらい)、あり得ん…メダカの生存がやや心配。深夜から朝方に給湯器の凍結予防ランプが点くのも数回。こんなことも今までなかった。それでも雪が降らずに日中は日差しもあって乾燥しているので、洗濯物がよく乾くのはありがたい。
あまりの寒さなので家の中でも外出先でもレッグウォーマーとマフラーと貼るカイロは欠かせない。寝る時は湯たんぽ必須。こたつかホットカーペットの導入もあっていいのではないかと思ったが速攻で却下された(なぜならわたしが寝るから)。そんなわけでいつもに増して長風呂になり睡眠時間が減るのでありますよ。ふにふに。
そうはいっても、日は少しずつ伸びつつあるので、寒いばかりでもないなと思う。ことにする。まだ春は遠い。

先月後半は久々開催のダンスシード@Brick-oneにて音響オペ。あと、芸大の卒展を見に行ってきた。基本上手い人が多いのは当たり前だけど、密度とか集中とか執着とかそういうのを醸し出してる作品にぐぐっとひきこまれた。素材の選び方や使い方にしても、よくこんな使い方考えるよなぁとか、扱おうと思えるよなぁとか、その向かい合う姿勢がすごいなと思った。
[PR]



by kuukazoo | 2012-02-02 02:34 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル