日日のきれはし。

カテゴリ:日日。( 397 )




一月です。

気がつくともう1月も10日を過ぎていた…あわあわ。のんびりしてたつもりはないのだが、何気に予定が詰まり気味になってきた。やらなきゃいけないことも考えなきゃいけないこともいっぱい。

とまぁ、こんなわたくしですが今年もよろしくお願いいたしますなのです。

年末年始は2泊3日で岡山と愛知へ帰省。それぞれの実家には24時間弱しか滞在できず、のんびりするどころではなかった。しかし、甥っ子姪っ子の成長に今年も目を細め、新しく家族の一員となった猫とコミュニケーションを取るなど、新しい展開もあった。来年は高2女子が受験なので帰省は無理かな?親は何をしたらいいのかさっぱりわからんよ。とりあえず健康管理?自分の時はどうだったか、帰省の際に親に聞いとけばよかったけど忘れてた。

7日8日9日は急に高2女子が発熱したりして予定してた外出もあまりままならず。インフルかと思ったら鬼のような食欲で呆れかえるが、食べられるのなら心配なしと…しておこう。
というわけで10日には元気になりました。やれやれ。
[PR]



by kuukazoo | 2012-01-11 03:33 | 日日。

クリスマス雑感。

そういや今年のクリスマスはプレゼントはおろかケーキすら買わず思い切り世間に背を向けてしまったのだった。特に理由はないけど同様にクリスマスだからイベントをやらねばならないという理由もない。高2女子は「サンタさんが来ない…」と小声で言ってたけど、待ってればサンタさんが来たのは子どもの時の話です!サンタさんに来てほしければまずは自分が他の人のサンタさんになりましょうね(笑)世の中とはそういうものです(ホンマか?)

しかし、わたしが子どもの頃のクリスマスなんて、町内の子ども会でケーキと靴菓子を配ってくれて、サンタさん(の格好をした人)が来てプレゼント(鉛筆とか)くれた覚えしかないぞ。またそのケーキがすごい脂ぎった固いクリームで赤と緑の丸いゼリーが飾ってあって…なかなか大味な代物だったが、日頃人工的な甘味に飢えている田舎の子ども(わたしのことです)は喜んで食べていた。そして、家では一切クリスマスイベントは行われなかった。鶏の唐揚げ一つ口にした覚えがない。そういや、実家は浄土真宗だったわ。祖母が存命だった頃は月に1回お坊さんがお経上げに来てた。待ってても絶対来ない(笑)

クリスマスはイエス様のお誕生日なのに、どうして馴鹿の牽く橇に乗った北欧由来の赤い服の怪人に皆多くを期待するのだろう。考えてみればかなり謎の存在である。宗像教授あたりが考察してないだろうか。
[PR]



by kuukazoo | 2011-12-28 22:40 | 日日。

積み重ね。

冬至そして天皇誕生日そしてクリスマス。と、どんどん今年も残り少なくなってゆきますのな。しかし12月ってどうしてこう早く過ぎ去ってしまうのだろう。時空が歪んでいるのかしら。

とりあえずこの休み中に台所の換気扇の汚れ落としとメダカ池の掃除はしたけど、あと何がどれくらいできるやら。しかし年末になって慌てるよりは日頃から多少なりともやっておくべきなのよね…何でもそうですが。

と、休み明けのぼやきでした。まだまだ仕事。
[PR]



by kuukazoo | 2011-12-26 09:52 | 日日。

冬隣。

冬隣(ふゆどなり)、という言葉を見かけて調べてみたら秋、晩秋の季語なんでした。冬近し、などと同じく、来るべき冬に備えて心構える、準備する、みたいな感じらしい。秋の季語は立冬までなので俳句に使うにはちょっと遅いけど、気分的には今の時期に合ってる気がする…
なんて思ってたら、すっかり冬の空気。気をつけてないと喉から風邪菌を呼び込みそうです。
まだ12月にもなってないのに我が家では灯油ストーブ点火。夫くんが寒がりなのは毎年のことだけど今年は「寒い→体が縮まる→奥歯を噛みしめる→歯周病で弱っている歯茎が痛む→ごはんが食べられなくなる」とか「寒い→体が縮まる→肩や背中に力が入る→凝る→頭痛を誘発する」という悪循環が発見されたため、早々に暖房の真打ち登場となったのでした。早くガス暖導入しなきゃな。しかし、今からこの状態では高齢になった時どうなるんだろうとちょっと心配ではある。南方移住か? いやまぢで。
[PR]



by kuukazoo | 2011-11-24 17:57 | 日日。

カシペン。

公演が終わった翌日、とにかくしなければならなかったのは、くつしたを買うことだった。忙しさに追われて公演数日前にふと気がつくとくつした全てに致命的な穴があいており…でも本当にそれどころじゃなかったのだった。

んでもって、やっと携帯も買い換えた。電波の関係で来年夏には使えなくなっちゃうし、電池も保たなくなってきたし、時々メモリカード認識しなくなるし…と何かと買い換え時だったのだが、携帯に住んでいるペンギン達とのお別れがつらくてなかなか踏み切れなかったのである。わたしの携帯はカシオのW41CAという機種で待受画面や送受信画面にペンギンのアニメが出てくるいわゆる「カシペン携帯」というやつなのだが、このペンギン達がかわいいのだ。花に水をあげたり縄跳びをしたり梯子を登ったり楽隊を組んだりなどなどいろんなパターンがあって、ぢつに癒し系。しかし無料で交換できる機種は何だか味も素っ気もないやつばかりで、そりゃあ機能はそれで充分なのかもしれんがなんだかつまらんのう…と思ってauショップの兄ちゃんに聞いてみたら、なんとカシペン携帯の最新モデルがあるではないですか〜!もちろん即決。スマホになんか目もくれません。いいのガラパゴスで。カシペンらぶ。用もないのに携帯開いて待受画面を眺めてしまう病。いかんいかん。
[PR]



by kuukazoo | 2011-11-17 19:21 | 日日。

腰痛去る。

前回に書いた腰痛のことだが、この2、3日ですっきり治ってしまった。
ふくらはぎがかなり張っていたので念入りにマッサージしたら、腰の張りやこわばりがゆるんできた。なるほど、つながっているらしいと発見。しかし、あまりにぐりぐりやり過ぎるとふくらはぎがだるくなってしまうので注意。

さて、腰痛が去ったところで明日からICiT本番@RAFT。昨日は「10minutes」のスタッフやって今日は「round table」観た。皆なかなかいい感じに仕上がってる。わたしもがんばらねばー。
[PR]



by kuukazoo | 2011-11-04 23:41 | 日日。

寒い10月。

10月は金木犀の香りとともにやってきた・・・
そして、涼しいとか爽やかを通り越して、いきなり寒い・・・
例年なら10月に入ったって堂々と半袖着ていられたのに、
昨日はおうちで薄手の長袖2枚重ね着、そしてレッグウォーマーです。
もちろんくつしたは欠かせません。
今朝は温かい黒豆茶を飲みました。冷えに効くという話ですが、
確かに体が少しあったまったような。
今週本番なので、風邪ひかないようにしないと・・・
[PR]



by kuukazoo | 2011-10-04 08:17 | 日日。

困難な帰宅。

残暑というにはあまりに夏な3連休、我が家は敬老はそっちのけでそれぞれの活動にいそしんだ…そしてロウキーが去りし後、明日からの3連休も墓参りなどどこへやら、それぞれの活動にいそしむことになっている。と思う。

いやしかし、ロウキーの爪痕も真新しい朝、J磐線のダイヤは未だに乱れていた。そんなことだろうと思ったよ。ふっ。昨夜も22時過ぎてやっと運転再開、家に帰り着いたのは23時半近くだったわ。ロウキーが首都圏を駆け抜けても風の勢いが強いもんだからE戸川を渡れないのよね…そういう子なんですよJ磐線は。しかしおかげで今年2度目の帰宅難民となってしまった。でも、震災で被災した上に仮設住宅が浸水してしまった方の疲弊を考えれば、首都圏の電車が動かないくらいどーってことはない。帰る家があるだけマシだ。とはいえ、台風じゃホント身動き取れないからなあ。地震で交通機関止まっても歩いて帰れるけど、台風の最中に歩いて帰るのはさすがに無理なので、おとなしく待つしかないというのはいくらわたしでもわかっている。なので待ちました。夕ご飯を食べコーヒーを飲み本を1冊読み終えソロの振付を考え(あまり進まなかったけど)…そういや何もなければ昨夜はリハだったのだ。もちろん中止になったけど、リハ以上に疲れたし遅い帰宅になってしまった…
こんなことなら昼休みになった時点で半休もぎ取ってでもさっさと帰ればよかったかも、とか思う。確かに15時近くに帰宅勧告は出たけど、その時にはもう電車止まってて駅はどんどん混雑してきてたから、帰るならもっと早くに帰るべきだったし、でなければ復旧まで駅以外のどこかで待つ心づもりや用意をしとくべきだった。そういうとこまで考えが至らなかったのは、台風を軽く見てるってのもあり、自分から帰りますとは声をあげづらいというのもあり。うーん。交通網の脆弱さ以前にあまりに日本人的な自分の行動様式とか会社の対処の仕方とかも少し何とかせんといかんよ!と思った…

しかし、電車がどこまで行けるかわからないけど行けるところまで行ったあげく、駅周辺に何にもないところで降ろされても正直困る。これからは沿線の駅ごとにネットカフェとか漫喫とかホテルとか避難場所をチェックしておかねばならんのだろうか。ぐるる〜
[PR]



by kuukazoo | 2011-09-22 21:28 | 日日。

先週の土日月。

先週の土日は高2女子の学校の文化祭。この学校は文化祭への力の入れ方が全校的に半端ないようで、2年生3年生では全クラスが教室で劇をやるのである。女子は夏休み中も午前は部活、午後は文化祭準備、帰ってからもポスターチラシ団扇オブジェ(馬)その他制作にいそしみ、新学期が始まってからは作業は深夜にまで及び、部屋はまるで締切前の漫画家のように散らかり放題で布団を敷くスペースもない状態。さらに前日と初日は始発で登校。どんだけ忙しいねん。

そういうわけでちょっくら観に行ってきた。各クラスのエントランススペースの装飾の作りこみ方がすごい(特に3年生…そういうことに力入れてる場合なのか…まぁ高校生活最後だしって事で笑)。劇は女子のクラスのほか1クラス観た。まぁどうしても親目線でしか語れないので細かくは書かないけど、集団で1つのものを創りあげることにしっかりコミットしてる姿はいいもんだと思った。

そしてこの日はさらに他の場所で、期せずして、久々にコテコテのジャズダンスを観てしまった…いわゆるシアタージャズダンスというやつですか。いやー…自分も昔同じようなことしてましたが、もう無理っす。振り覚えられません。

日曜日。震災から半年、そしてアメリカの同時多発テロから10年、という…何というか、「その日」「その時」の前と後では全く違う世界になってしまった、という感覚が今は何となくわかる気がする。もちろん、家族や大事な人の命を理不尽な理由で奪われた人たちや住む場所や仕事を失った人たちにとっては間違いなくそうだろうとは思うのだが、それは自分には及んでいないものと考えていた。けれども何ヶ月後、何年後に「その日」の「その時」が巡ってくるたびに改めて失われたものの大きさやその痛みを感じずにはいられない。そんなことが起こるとは想像もしなかった時に戻ることはもうないわけで、すでに起こってしまった後の世界では、直接的に被害を受けてない人も何らかの形で痛みを引き受けるべきなんだろう。同じ時代を生きている以上、共有するべき大きな痛み、傷を負ったのだと、今にして思う。それは今に限ったことじゃないのだろうが、いつも気づくのが遅いのだ。

月曜日、出勤したら今まで消えていた廊下やエレベーターホールの電灯が煌々とついてて、違和感。眩しい。節電モードにすっかり慣れてしまって、明るさにおろおろする獣の気分。いくら電力使用制限が解除されたからって、元に戻せばいいってもんじゃないでしょに。もー。
[PR]



by kuukazoo | 2011-09-19 19:00 | 日日。

晩夏つれづれ。

暑さと涼しさ(というか寒さ)の落差が激しすぎな上に雨量も局地的に激しすぎなり。
今年は諸事情でお盆は帰省しなかった。母は電話で「今年は暑い」と嘆いていた。うちの実家が暑いのは毎年のことだが、今年は梅雨入りも早かったせいで暑さが長く続いてるから余計暑く感じるのかもしれない。わたしん家に関しては今年もエアコンなしで乗り切ったし、スズメバチもやって来なかったので、やはり去年よりは暑くないと思う。そのせいか今年はアシナガバチがのんびり飛んでたし、蜻蛉をたくさん見かけた。蝉も平年並みに鳴いている。
しかし、最近電車やお店の冷房がいきなり強めになってる。節電はどうしたんだよ〜。そんなんじゃ来るべき再生可能エネルギー時代に生き残れないぞ。

そんな8月ももうすぐ終わりですね…暗くなるのが早い…
[PR]



by kuukazoo | 2011-08-24 18:55 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧