日日のきれはし。

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧




想定外の食欲。

近所でもちらほら桜が咲き始めました。
毎年のことだけど、あたたかくなったらすぐに咲こうとするせっかちな木もあったり、の〜んびりゆ〜ったりまだ眠っているような木もあったりで、そんな木の違いを見ているのも楽しいものです。

昨日のちょっと想定外(笑)なできごと。
帰りが遅くなるので、家族の夕食用にと焼きそばを作っておいた。
3玉1パックを全部焼いて、夫と娘(小5)で半分ずつ分けて食べてもらうつもりで、大きな皿に盛って冷蔵庫に入れておいた。
ところがところが、娘は夫が帰る前に3玉分の焼きそばを全部1人で完食してしまったのである。
焼きそば3玉分ですよ。
わたしだってそんなに食べられないのに。
どこにそんなに入るんだよ。
ついこないだまではラーメン1杯だって食べきれなかったってのに。
と、夜空に信じられないを連発してしまったわたしでした。
しかし気の毒なのは夫である。
彼の夕食はコンビニで買ったカップ春雨とたまご豆腐とサラダであった・・・
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-27 01:07 | 日日。

ふきのとう。

3月もあっというまに半ばにさしかかって、そりゃ寒い日もあるけどもう冬の寒さのように突き刺さる感じじゃないし、紫陽花の枝からはどんどん新しい芽が吹き出してるし、イヌノフグリの小さな青い花も咲いてるし、如何ともしがたく春を感じるこの頃です。毎年この時期になるといつも思うことですが、植物のみなさんはホントに偉いですね。人間と違ってためらいというものがない。尊敬です。

ところで、今住んでいるあたりでは生えているのを見かけないのですが、スーパーに売ってました。ふきのとう。1パックに3センチくらいのちっちゃいのが10個くらいだったか、198円でした。洗ってゆでてきざんで油でちょっと炒めたとこに味噌を適当にどかっと入れ、さらに砂糖と味醂と酒をこれも適当に入れて練り、ふきのとうが味噌となじむまでほっぽっておきます。スーパーで買ったやつでも結構香りと味がするものですね。五十嵐大介の『リトル・フォレスト』というマンガに載ってた「ばっけみそ」(東北ではふきのとうをばっけと呼ぶらしい)を真似してみたのですが、予想以上においしかったのでびっくりしました。ごはんにもお酒にも合います。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-16 01:33 | 日日。

やっこ野郎、敗退。

昨日スーパーで新しい豆腐を見つけて衝動買いしました。
その名も、「やっこ野郎」。
f0039843_23412099.jpg

しかし、「喧嘩上等」と謳っている割にはちょっとクリーミーすぎて、わが家ではやや不評。
冷奴にするより、熱いスープに入れてとろとろしたところを食べた方が美味しいような気がする。
そういうわけで、冷奴で食べるなら、やはり「男前豆腐」が今のところ一番美味い!ということを、われわれは再確認したのでありました。
f0039843_23415013.jpg

[PR]



by kuukazoo | 2006-03-09 23:46 | 日日。

わすれもの。3

今朝は読みかけの本をかばんに入れるのを忘れてしまい、電車の中でどうにも手持ち豚。もとい手持ち無沙汰なので、これを書いています。ちなみに何を読んでいたかというと、横溝正史『病院坂の首縊りの家』下巻(角川文庫)。うーん、続きが気になって落ち着かない。

それにしても最近、ほぼ毎日何かしら忘れている。昨日は目薬を忘れた。持ちものに限らず、例えばサプリメントを飲むのを忘れたり飲みかけのカップをテーブルに放置したままだったりipodの充電を忘れたり。些細なことをずいぶんぽろぽろこぼしながら、それでも1日はどんどん過ぎてゆく。明日こそは忘れないようにしようと思って、今度は他のことを忘れる。かもしれない。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-08 12:18 | 日日。

啓蟄。

でしたのね、今日は。
確かにそんな気もするぬくい日でしたが、明日はまた寒いみたいです。
三寒四温。

ところで、全然関係ないのですが、
わたしの通り道の自販機から缶入り汁粉(ホット)が着実に姿を消しているのであります。
あずきの甘みを欲する場合というのは限られているのですが、いつか賞味しようと思っていたのに、悲しいです。
しかも缶コーヒーとかに取って代わられていると逆に怒りを覚えます。
わたしは缶コーヒーが嫌いです。
それを飲んだ人の吐く息の臭いとか、最悪です。
納豆に匹敵します。

まあそれはおいといて、
撃退したはずの風邪がなんだか残っていたみたいなんですね。
目下、鼻水と咳に悩まされてます。
なんかくやしい。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-06 22:28 | 日日。

3月のある週末。

3月4、5日と、あたたかな週末でした。
土曜日はひさびさに家のことをやりました。ふとんを干してシーツを洗って掃除をして鉢植えたちを外に出して・・・自分以外のためのことをするのもしあわせなほど良い天気。

日曜日は、知人に教えてもらって『オラファー エリアソン 影の光』展@原美術館を観に。ドイツのインスタレーション作家で、テーマは光と色と動き、だろうか。天井から吊られた環状のプリズムがスポットライトの中で回り続けることで、壁をはじめとした空間にさまざまな光と影が生まれては消えてゆく。その移り変わるさまや描かれる模様がとても面白くて、ずーっと見ていても全然飽きない。それから、すごいと思ったのが、これも天井から絶え間なく噴射される霧にライトの光を当てて、つまり「虹」を見せるという作品なのだけど、その霧の流れによって虹は微妙にゆらめいたりするし、観る人の視点が変わることでふっと消えたり現れたり、そのへんを探求してみるのがすごく楽しかった。装置や材料はほんとうにシンプルなのに、とても豊かで複雑な空間が創られていて、これってダンスだぁ〜と思いながらもうバカみたいに口ぽかーっと開けて、時間の経つのも忘れて見てました。最終日ということで混んでいたけれど、観ることができて本当に良かった。教えてくれたSさんに感謝です。

そして、新しい携帯電話に変えました。いやーすごいですね。家の中でも電話ができる。写真が撮れる。今までどんな携帯使ってたんだと問いただされそうですな。ははははは。家人は待受画面用に娘(小5)の写真を撮ろうとしてましたが、拒否されまくり。哀。しかも言うに事欠いて「そりゃあ妻の写真でもいいけど常識的に考えて40歳近くのオバサンの写真よりは娘の写真を待受画面にしたいものでしょう」だとさ。ほほほほほ。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-06 22:06 | みたもの。

わすれもの。2

おー。お昼に携帯からアップしたのがちゃんと投稿されてる。
そうなのよ。別に今朝特別に慌てていたわけではなく、いつもと同じ程度に慌てていたのに、何で忘れちゃったんだろう。お弁当を忘れるなんて今までなかったのに。今日のは美味しそうにできたので(ひじき入り卵焼き、ほうれん草とにんじんのごまあえ、ちくわとえのき茸とわかめの煮たの、冷凍食品のつくね、おにぎり)、食べるのを楽しみにしてたのに。使わなくていいお金を使っちゃったし。うっく。
というわけで、お弁当は夕飯に食べました。
明日は忘れないように気をつけます。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-03 01:32 | 日日。

わすれもの。

せっかくお弁当を作ったのに、家に忘れてきてしまいました。
ショックです。
ショックのあまりはじめて携帯からアップしてしまいます。うまくいくかな?
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-02 12:53 | 日日。

遊戯の終わり。

『pure play』好評のうちに無事終了いたしました。
観に来ていただいた皆さま、本当にありがとうございました。そして高野さん、スタッフや出演者の皆さま、お疲れさまでした。
振付家のもとで、グループで踊るなどということは滅多にないので、本当にいい経験をさせてもらいました。生まれてはじめてつけ毛というものを付けましたが、なぜか受けが良く、クセになりそうです。また、男性ダンサーに間違われ、喜んでいいのやら悪いのやら。

そしてもう3月ですね。
冬に経験したいろいろなことをこころとからだがちゃんとうけとって、あたらしい何かをしっかり芽吹かせてくれるといいのですが、そのためにも今しっかり耕さなければ。
[PR]



by kuukazoo | 2006-03-02 02:19 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル