日日のきれはし。

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧




新月。

月曜日、何だか心身ともに疲。疲労回復に良いという豚肉を食べたらおなかをこわしてよけいに疲れる。こういう時に限って、急に自分勝手な疎外感と孤独感にとらわれて、また無駄に自分を苛んでしまう。そしてまた疲れる。と、そういえばちょうど新月であったことに気づく。バイオリズムがそういう時期なんだということで、まぁしょうがないかと思う。浮いたり沈んだり。沈む時にこそ見えるものもあるだろう。火曜日の夜、空を仰げばひさびさの星たちが頼りなく光っている。自分のちからで。

深海に生きる魚族のやうに、自らが燃えなければ何処にも光はない /明石海人
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-28 00:47 | 日日。

ゴーヤ→茗荷。

今日も茗荷を食べました。もう、なんでこんなにおいしいんでしょう。いつも帰りがけに寄るスーパーでは悲しいことに売り切れていたので、わざわざ他のスーパーに出向いて買いました。去年の夏のマイブームはゴーヤでしたが、今年は茗荷ですよ。夕ご飯には、鰹のお刺身に千切りにした茗荷と青じそとおろし生姜をたくさんのっけて食べたの。味わいたいのはお刺身じゃなく薬味だったりして。来年の今頃は何を食べてるんだろう。

昨夜は8月13日(日)本番のダンスシード@Brick-one公演にて、一緒に出演する谷本さん、うえたけさん、関根さんと初顔合わせ。もちろん自分たちのソロ作品がメインなんだけど、それだけじゃなくて、いろいろ絡みたいよねということで方向が一致。本番がスリリングで楽しめる時間になるよう、今から頑張らなくてはね。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-22 23:51 | 日日。

梅雨と茗荷。

梅雨ですよ。
よく降りますね。
土曜の夜は予想だにしなかった大雨が降ってびしょ濡れになって帰りましたよ。たのしかった。
雨の日は紫陽花があざやかです。 欅の緑も深々と。あ、枇杷も実ってます。
そして毎晩サッカーですね。
サッカーほどインプロを感じるスポーツもありません。
一瞬の決断。スリル。やはり潔さが光る瞬間はすばらしいと思います。

6月12日(月)   夜、神楽坂ディプラッツにて、『畳半畳 vol.7』を観る。きこり文庫で知り合った川上暁子ちゃんとか大倉山で一緒に踊ったりする伊藤虹さんとかダンスシードですれ違ってる譱財さんとかが出演。半畳の畳がしつらえてある空間で、何をどうするというのか。4者なりの問いとその答え。畳のある空間というのはそれだけで結構強度があって、どこでも置き換え可能なダンスなんてのは許されないような気さえする。空間によって制限される身体はどこまで深く細部にまで至れるのか、ここを越えて広がることができるのか、なんてことを考えてしまった。わたしがもし同様の空間で踊るとすればどうするだろう。いつか挑戦してみたい場ではある。

6月13日(火) 仕事帰りに、ミクシィつながりのメンバー3人と下北沢の路上にて踊る。わたしはなんかえらくはっちゃけてしまい、遠方までふらふら踊りに行ってしまった。日常と非日常のすれすれにもぐりこんだりする感覚がたのしい。

6月15日(木) 仕事の帰り、雨の中健康診断に行く。もろもろ異常なし。って、血液検査とか胸部レントゲンは後日判明するんだけどさっ。わたしはいつも血液検査で採血される一部始終を見逃さない。自慢じゃないがとっても採血しやすい腕です。百発百中。いや、百回も採血されたらさすがに死にます。一撃必殺。って、死ぬわけじゃないし。一石二鳥。って、全然違うし。

6月17日(土) LUDENSのWSに行き、その後荒木志水ちゃん主催の稽古場パフォーマンスパーティを覗きに行く。全く素明かりかと思いきや、簡素ながら照明もあって、がんばってるなーと思った。

6月18日(日) 茄子とピーマンと豚ひき肉のカレーを作る。玉葱と人参と生姜と大蒜はみじんにして加える。ご飯はいつもの雑穀ご飯にさらに黒米を混ぜて炊いた。ロハスなお店で出てきそうな感じだ。はは、自画自賛。ひき肉を大豆にすれば、ヴェジタリアンの方にも召し上がっていただけるだろう。
ところで、わたしが今はまっているのは茗荷である。香り、味ともに大変はまっている。玉葱と一緒にサラダに入れてもよし、ぬか漬けにしてもよし、刺身のつまに混ぜてもよしと、がんがん食べている。梅雨のからだに鮮烈な刺激。去年まではあまり好きになれなかったのに、今年は出回っている間中日々買って食べまくる意気込みでいる。この変化はどうしたことか。年齢のせいか。ちなみに小6女子には不評。

6月19日(月) 小学校で朝の本読み。2年生に『どろんここぶた』(アーノルド・ローベル/文化出版局)を読む。読む前にリサーチするのだが、今日びの2年生はどろんこ遊びはあまり好きではないらしい。そんなものなのか。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-22 01:36 | 日日。

練る。

先月あたりから個人的に内転筋強化期間に突入。
ぢつはわたしはとってもO脚で、かなり膝もまがってしまっているのですが、内転筋を意識して鍛えることを始めてから、多少改善されてきています。
あと、日常の歩いたり階段を登ったりといった時でも、身体の奥の筋肉とかそれがどこでどうつながっているのかについてイメージしながら動くと、まったく動作が変わってきてとても面白い。自分の身体の弱いところとか意識が至っていないところとかも再発見できる。ぢつに楽しい。というより、予想外に自分の身体が弱っちいので、愕然とすることが多い。

地元のスポーツジムでバランスボールを使った筋力&バランス力のトレーニングのクラスをたまに受けるのだが、これがなかなか難しい。ボールに座って、足を交差させたり、片足を上げたりした状態で目をつぶって1分間バランスをとってみる。丹田のあたりにすごく集中してないと、すぐバランスが崩れる。あと、土踏まずと、そこからつながって親指のすぐ下のふくらみの部分も重要。

地道に身体の奥から練り上げる作業。
良い粘りが出てきますように。
ねりねり。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-15 00:57 | dance

ある戦い。

今朝は予想外に雨がざんざん降りで、傘をさしているにもかかわらず、駅に着くまでにびしょ濡れになりました。がしがし大股で歩くせいで、脚が傘からはみだす上、水もはねちゃうし。もう関東も梅雨入りっぽいですね。

梅雨入りしたせいか、夕方、稽古場のトイレに入ったらGがいました。
Gはとつぜんあわてふためいて走り出すとなぜかひっくりかえってしまい、しばらく仰向けで脚をばたつかせ、だんだん弱ってゆくようにみせかけて、いきなり体勢を入れかえると今度はこっちの方へ走ってきました。
油断させといて、そうきたか。
思わず蹴り飛ばしました。
そのあと、畳半畳ほどのスペースにて息詰まる攻防戦が(嘘)。
これがホームであれば迷わず踏みつぶしてトイレに流しているところですが、やはりアウェーでは戦いづらいです。戦意が萎える。
「今日はこれくらいにしといたるわ!」
・・・・とは言いませんでした。

戦い済んで日が暮れて。
帰りの電車から見えた夕焼けがきれいでした。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-09 23:55 | 日日。

煌々と。

ここ数日睡魔に負けて電気も消さず着替えもせず眠ってしまう。外はもう明るくなっているのに蛍光灯が煌々とついている中に目覚めると、光熱費の無駄使いって以前の問題で悔しさを覚える。もう少し1日をていねいに生きられないものなのでせうか。とほほ。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-08 16:24 | 日日。

曇、雨、ときどき晴れ。

なんだかぐずぐずと梅雨になだれこみそうな5月後半でしたが、時折の晴れ間にはこころがおどりましたね。
5月最後の10日間はまあだいたいこんな感じでした。

5月21日(日)  ひさびさに晴れ。きこり文庫の「おどりば」ワークショップにスタッフとして参加。当たり前のことですが前回とはまた違った顔ぶれ、また違った展開となりました。特にしめつけも強制もない場所で、ぽこぽこと起こっていたいろんなことに対して、直接関わりはもたないまでも、開いていられたかなあ、ゆるくつながっていたかなあ。時間と空間の境目が曖昧に感じられて、自分がどこに属しているのかよくわからない感覚がこわいようでもありたのしいようでもあり。いま思い返してみるとあんまりスタッフとしては役に立ってなかったかも、です。すみません皆さま。

5月22日(月) 吉祥寺シアターにてNomade~s「Gesicht und Geschichte」(ゲズィヒト  ウント  ゲシヒテ)ヨーロッパツアー公開リハーサル。この作品は一昨年くらいから場所を変えメンバーを変え続いているらしいのだが、ぢつは今回初めて観たのでした。いろいろ勉強になりました。

5月23日(火) 前の日にパワーヨガをやったせいか臀部が筋肉痛。とくに股関節の周辺が。なさけないのう。「もやしもん」(石川雅之/講談社)3巻を買う。シュールストレーミング全開な巻。(げ)

5月26日(金) ぼちぼち自分のソロの稽古をはじめる。ひさびさにポテトサラダを作る。林檎を入れるところが母直伝。

5月27日(土) 曇時々小雨。小6女子が学童の合宿で一泊二日で勝浦へ行くので5時起きで弁当作り。午後、イスラエルから来たノアム&シーラのコンタクトインプロのワークショップ@森下スタジオ。こないだのクルトのワークショップとはまた全然違い、コンタクトというのはホントに人によって全然フォーカスとするところがちがうのだなあと思いつつも、それはそれでとても楽しいしスリリング。しかしインプロの中で高いリフトをしたりというのはあいかわらず苦手。されるのは得意なんだが。流れの中でタイミングをつかむ一瞬をいつも逃す。

5月28日(日) 三軒茶屋シアタートラムにてかもねぎショット「サークルダンス」。かもねぎショットはすっごく前に青山円形劇場で「婦人ジャンプ」を観て以来。あいかわらずわけわかんないハイテンションさがやっぱ好きです。エンターテインメントに徹しているところは潔いし、何に徹しようと潔いのはやっぱり良いと思います。

5月29日(月) 思い立ってすり足の練習をする。

5月30日(火) 米原万里、岡田真澄、そして今村昌平逝去。みんな癌。夕方に雷雨。ジャワ島で大地震のニュース。

5月31日(水) 夏日。稽古。息子が同居する両親を殺して自殺するという事件が2件続く。そこまで詰まる前に逃げ道はなかったのだろうか、と思う。天候の変化が激しいせいか、小6女子は鼻風邪気味。夕食、味噌汁に飽きて豆乳スープを作る。
[PR]



by kuukazoo | 2006-06-03 16:49 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧