日日のきれはし。

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧




かなり発酵。

ここのとこの夜、コンタクトレンズも外さずに寝てしまい、3時とか4時に起きてあわてて外してまた寝るというていたらくです。まったく使いものになりません。
そんな状態なので、冷蔵庫にいるぬか床のことをすっかりわすれていました。今朝思い出してあわてて見てみたら・・・腐敗こそしていませんでしたがかなり発酵が進んでおりました。やばいやばい。
ふうう。すれすれでどうにかなっているような日々です。その他脳から欠落している事がまだまだありそうなので、こわい。夢で見たり想像してるだけなのに現実にやった気になっている自分も、こわい。

それにしても何だか短い夏だった気がします。もうすっかり日も短くなって、さびしいのう・・・
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-31 23:32 | 日日。

ピース。

本日、曇。昼頃ぽつぽつ雨が降る。

『日々ごはん』で高山なおみさんが激賞していた、いしいしんじさんの本『ぶらんこ乗り』(新潮文庫)を買う。ぱらっと見て高橋源一郎テイスト?と思ったけど、まだ読んでないのでわからない。

夜は9/9のBE-IN@明治公園の稽古。っても、きこり文庫の方じゃなく、金魚(鈴木ユキオ)+ワークショップメンバーズの方です。からだを動かす前に、<1.ピースイベントについて><2.からだについて>ひとりひとり思うところを話す時間というのがありました。わたしはピースイベントというものに参加した事がないのでよくわからないのですが、ここで願われる”平和”とは、どうもスピリチュアルな匂いのするもののようで、それが良い悪いではなく、わたしはあまりそういうものは信用できないと感じてしまうのですね。だから、参加者の1人の女性が「あまりに身近すぎて当たり前すぎて見過ごしてしまうもの、見えないものについて考えてみることが、すなわち平和について考えることではないか」と仰った時、こころの触角がぴぴぴと反応したのでした。って、それって別にイベントじゃなくても日常で、1人でできることなんだよね・・・
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-30 23:23 | dance

粉をこねるような。

3日ぶりの強い陽射し。でも、夕方は涼しさを感じる。

『日々ごはん・3』を読み終え、その足で本屋に行ったら「2」があったので買って読んでいる。暇だったので思い立ってすぐパンを焼いてしまうなんてことができるあたり、やっぱり料理家は違うなあと思ってしまうわたくし。でも自分で粉こねて焼くパンはホントにおいしいもんなあ。もうヤ○○キパンなんて食べる気しなくなるくらい。

もうしばらくはソロを踊る予定もないので、本を読みまくるつもりです。6月からほとんどというか、まったく読んでなかったから、それを取り戻すぞ!という気合いにみちみちています。今のところは、ですが。それから、ちょっとじっくりからだのことやおどりのことを考えたり試したりしたいなあと思ってます。それこそ、パンを焼くために粉をこねるような感じで。

あ、あと、ダンスシードの9月の回で音響スタッフで参加するんでした。
まだ2週間ちょいしか経ってないのに、自分が踊った回はずいぶん遠い昔のように感じられてしまう。
そうそう、その日のレビューがダンスシード2006のサイトにアップされてます。
こちら
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-30 00:08 | dance

自分を踊らせる。

土曜日からいきなり涼しい。8月にあるまじき涼しさである。
そんなんでいいのか、夏よ。

先週あたりから、もう踊れないかもとか人前で踊るなんてしんどいことはもうやめたほうがいいのかもとかいう気持ちに支配されていて、それは裏を返せば、なんで自分が踊るのかとか特になぜわざわざたいして上手くもない自分の踊りを他人に観てもらおうとするのかという、自分が踊る根っこのあたりに関わる問題に向き合うキツさから逃れようとしているんだなってことなのだけど、それと同時に、作品をつくってそれを自分で踊るというのはやはり好きに踊るというのとは違って、わざわざくるしいところに自分で自分を落とし込むことでもあるので(もちろんそれだけではないけれど)、要するにただの弱音だったりもする。でも、そのくるしいところを通らないと面白くたのしいところにたどり着けないし、それはやってみないとわからないことなので、やる前にぐじぐじと弱音垂れているよりは踊っちまえということになり、んで、踊ってみたら楽しかったり思わぬ脇道があったりまだまだやり尽くしてなかったりして、そんなこんなでまだ踊り続けていようとする自分がいることに気づく。自分を踊らせるのも一苦労である。踊らせるのも踊っているのも自分だが。なんか変。
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-29 02:46 | dance

それだけで。

はれほれ。
日曜に帰省ツアーから帰還したのですが、やっとこ足が地に着きつつあるような感じがする昨日今日です。
どうも疲れていたらしい、と気づきました。そりゃそうだ。ダンスシードの本番が終わってゆっくりする間もなく帰省ツアーで、4日で東京〜岡山〜愛知〜東京を移動して、翌日からまたいつも通りの仕事モード。夏休みったって全然休んでないし。本番前後あたりから妙に左手首が痛むので、火曜に医者に行ったら靭帯が炎症起こしていると言われ、手首を包帯でぐるぐる巻きにされ、そのうちなんだか急に気持ちが凹んできて、帰宅したらほぼ電池切れ状態。夕ごはん作ったらまったく役立たずな人になってしまった。そんな感じで2晩ほど何もやる気がせず、寝てました。でもそれが良かったのでしょう。とりあえず昨日今日と気分は多少上向きだし、痛みもやや治まってきたし。休息は大切ですね。あと気分転換もね。久々に本屋さんへ行って、高山なおみさんの「日々ごはん」の3巻と他1冊を買いました。2巻が売り切れてたので。まあ日記だから、どこから読んでも楽しいのだ。

そうそう、今日は小6女子のお誕生日でした。
この不穏なご時世の中、健やかにすくすく育ってくれたことに感謝。
それだけでもとてもしあわせですごいことなのだと思う。
生きているという事は本当にそれだけですごいのだ、と。

誕生日プレゼントは本人が欲しがっていたDS(ピンク)。
あとわたしから爪磨きセットとミニポーチとちっちゃい鏡と櫛。
たぶん自分じゃ絶対買わないような気がするから(笑)。
まあ母親のわたしも日常じゃ全然化粧しないからな。
我が子とはいえ人の事は言えない。
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-24 23:58 | 日日。

踊り終わって夏休み。

8月13日のダンスシードでの舞台、予想を越えてたくさんのお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました。客席が狭くなり、ご負担をかけましたことお詫び申し上げます。応援して下さった方々も、ありがとうございました。おかげさまで無事終了しました〜!

いや〜、無事、というのはないな。
ゲネで注意力散漫だったせいか、下唇を切ってしまいました。踊ってたら血が床にぽたぽたと…
もう踊りながら必死で拭きましたよ。足の裏で。だって次の人のソロがあるのに。しかも衣装は白のスカートなのに。血なんて付いちゃったら大変じゃん…あ〜
幸い被害は及ばなかったけれど、でもホントに

ゲネで良かった!
唇を切ったくらいで済んで良かった!

と思いましたです。
もうこれが本番だったらとかもっとひどい怪我だったりとか思うと冷や汗もんですわ。凍りそうです。
去年のゲネもかなり最悪だったけど、今年もやってしまいました、わたし。まあ、ゲネでこういう悪い部分が排出されて、すっきり本番に臨めると思えばいいのだけど。
しかし、冷やせど冷やせど下唇は腫れ、どうにもそこだけ異様な感じになってしまい、じゃあバランス考えてちょっと上唇も大きめに塗ってみたけれど…隠しようもない。そのまま本番です。
終わってみれば自分のソロが反省だらけなのは毎度のことですが、今回は人とからんで即興で踊るシーンもあり、かなりスリリングで楽しかったです(結構おいしいところをいただいちゃったみたいな感じで、ちょっと申し訳なかったりもして…)。一緒に踊ってくれたうえたけさん関根さん谷元くん、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

さて、今日から夏休みで岡山〜愛知帰省ツアーに出発です。昨夜から早朝まで散らかり放題だった家の片付けをしたり荷造りをしたりして、そのまま家を出てきました。昼頃に着いたけど、こっちは暑い!です。太陽の光や熱が違う…くらくら。
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-17 16:41 | dance

あと7時間半。

いやはや当日ですよ。
今、電車の中です。
5時に起きたのに二度寝してしまい、次に起きたらもう7時で、ばたばた支度して出てきました。絶対何か忘れものしてるに違いない…

もうここまできたらあれこれ思い悩まず、潔く踊るのみ。下手にカッコつける必要もなし。みっともなくなることを恐れない。
って、決して捨て台詞じゃないのよ。覚悟です。本番前は毎回おんなじこと言ってるな…

ってわけでGOなのです。

ブリックワンにてお会いしましょう。
今日がいい1日になりますように!
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-13 08:43 | dance

日常というやつ。

通り道に建つとあるおうちの庭の柿の木の、緑に繁る葉っぱのあいだから半分ほど赤く染まった葉っぱがいちまいアスファルトに落ちるまでのつかのまのダンスをみていたのは、わたしだけ。

その瞬間を見てくれる人がいるから、ダンスは成り立つ。
見るということに支えられているダンス。
見られることと見せることと。

まだまだと思っていたわけじゃないのに、もう本番まであとわずかです。
それなのに、ふだんとおんなじように、朝は家族のお弁当を作って、洗濯物を干して、鉢植えに水をやって、あわただしく駅へ向かい、電車に乗って、会社にいって、パソコンのキーをたたいて、帰りがけにスーパーで夕食の買い物して、発泡酒飲みながらごはんつくってたりしてるわけです・・・稽古のある日は、こんな日常モードどっぷり状態から切り替えができるのか?こんなんで踊れるのか?とか、日常をわずらわしく思いながら稽古場に向かうのですが、いざ舞台に足を踏み入れるときは、なんかわからないけど、別に電車とか飛行機に乗らなくても、とことこと日常から地続きで行けてしまうような感じなのです。案外そんなものなのかもしれません。別に特別な場所じゃない。だけど、いつも同じ場所じゃない。
そんなことを考えていると、重たい買い物袋をぶらさげて歩くいつもの道からの風景が、えらく不思議なものに見えてくるのでした。

何をしていようと、やはりわたしには、「日常」というやつが不可欠なのです。
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-10 23:57 | dance

落ち着け。

きのう稽古していて右足親指の爪を傷めてしまった。
去年の今頃思いっきり剥がしてしまい、1年たってやっとこ新しい爪が形成されたとこだったというのに、・・・むーん(泣)。

片足の親指の爪だけのことなのに、それだけでさまざまな支障が。
まず思い切り踏み込めない。
変な体重のかけ方するから足首は疲れがたまって張っている。ほぐさないと。

なんでこんなことになったかというとつまり、浮き足立っているということなのだ。
腰がすわってない。足がしっかり地面をとらえてない。
本番前で焦ってるのね。いかんいかん。落ち着けわたし。

焦りの兆候は至るところに表れている。ものに触れたとたんひっくり返す。取り落とす。トーストは焦がす。
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-03 22:29 | dance

ダンスシード。

なんだか涼しいけど、葉月です。
また今年も千駄木の黄色い家、ブリックワンにて踊ります。
本番まで10日となりました。
しかも日銭稼ぎの仕事も今週来週がピークで、切り替えが大変・・・
踊るためのからだの感覚を高めていかなくてはいけないのに、
踊りだけやってるわけにもいかないし、
むー。

ちょうどお盆休みでいろいろご予定もあると思いますが、
よろしければぜひ、この舞台も加えてやってくださいませ。
4人4態のダンスの種が蒔かれる時空間にどうかお立ち会いいただけますよう。
よろしくお願いします。お問い合わせ、ご予約はお気軽に岩崎一恵まで。

ダンスシード2006 わたくしの森羅万象
8月13日(日)16時開演(開場は開演の15分前です)
場所:ブリックワン(東京メトロ千代田線千駄木駅出口1より団子坂上る徒歩7分)
この日の出演者:期体/谷元航太郎、うえたけもとこ、関根郁子、岩崎一恵
前売1500円 当日1800円
★小さい会場なので、ご予約をおすすめします★
[PR]



by kuukazoo | 2006-08-03 03:20 | dance

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧