日日のきれはし。

<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧




2月の終わり。

あらあら2月もあと1日で終わってしまうではないですか。
なんか3月になってしまうともう後戻りできないって感じがして、そういう意味では2月ってなんとなくモラトリアムな月なのかもしれない気がします。わたしにとっては、ですが。

この何日か、古い友人からの便りがぱたぱたと相次いで、うれしくなりました。
中学時代の友だちが数日前、6年ぶりに第2子を産んだという知らせもあり、めでたし。健やかに育ちますように。

今は遠くなってしまったひとたちも元気でいるのでしょうか。
自分がここにいることも何だか不思議な気がしています。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-28 02:33 | 日日。

目の疲れ。

最近ドライアイなのか、コンタクトレンズをつけていると目が異常にしょぼしょぼする。おかげで目薬の減りがはげしい。稽古中は禁まばたきみたいなシーンもあって、これも時々つらい。ダンスでなくても集中しているとまばたきの回数が減るので、結果、目がつらくて注視を中断せざるをえなくなり、集中が切れる。昨日、風の強い昼間にあるダンス公演を観に行ったのだが、そんな目の疲れのせいもあってなかなか集中ができず、途中寝てしまったりもした。だが、それにしても!やりたいことが何にも伝わってこない公演だった。ダンサーにやる気あったのかな?とまで思わせられてしまったよ。感情を抑制しているのはわかるし、体を見せたいというのもわかるんだけど、でも基本的にモダンダンス的な体と振りと構成の中に時々不定形なものを挿入してみました、ってふうにしか見えなかった。別にモダンダンスが悪いってことじゃなく、それが単なるテクニックにしか見えなくて、とっても興ざめ。ああ、なんか書いてて自分にはねかえってくることも多々。体へのこだわりが自己満足にならないように、わたしも気をつけなくてはいけないなあ。あと、箱がでかすぎてダンスに合ってない気がした。もっと狭いところで、観客に近いところでやれば面白かったかもしれない。音も「音楽」というより「音」だったのだが、これもやたらボリュームでかすぎ。客入れが無音だったので、すごく期待したのにな。もっと繊細なことを本当はやりたいんじゃなかったのかなあ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-25 10:03 | dance

選ぶ。

1週間くらい前につくった左足の甲の小さな傷がじくじくと未だに治らない。
こういう治りの悪さも歳のせいなのか?やれやれ。

すごくひさしぶりに短歌関係のサイトをめぐってみた。
相変わらず精力的な人もいればお休みしている人も。
わたしはここんとこ短歌とはずいぶん離れてしまっている。
荒れ地だ。
言葉と身体とどっちも大事なのだけど、短歌とダンスという2つの表現を両立するのは難しい。要するに未熟者、ってこと。
そして今はダンスを選んでるってこと。
中途半端なままにあれもこれも、っていう場合じゃないんだよな、もう。
もういい加減自分なりの方向とか立ち位置を見つけなければいけない時期に来ていると思う。
もう時間だってそんなにないし、歳だし。
やりたいこととやるべきことを一致させていかねば・・・
でなければいつまでたっても自分のダンスなんて見つからないだろうから。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-22 02:46 | dance

それでも冬。

2月19日、雨水。
空から降るものが雪から雨になる。と言っても、この冬はもうすでにぬくいのでそういう言葉も何だかピンと来ない。都市部で生活してるから余計にそうなのかもしれないけど。
20日は久々に寒さを感じた。寒いのが当たり前の冬なのにやっぱりこんなのはどうかしてるよなと思う。

冬は他の季節に比べると、自分のからだとか感覚とかに集中しやすいというか耳を傾けやすいというか、そんな感じがする。静かなぶん、普段聞こえない音も聞こえるように思う。

なんて書いてたら、北越雪譜の作者(江戸時代の方だけど)に怒られそうだね。

「暖地の人花の散るに比て美賞する雪吹(ふぶき)と其異(そのことなる)こと、潮干に遊びて楽(たのしむ)と 洪濤(つなみ)に溺て苦(くるしむ)との如し。雪国の難儀暖地の人おもひはかるべし」
鈴木牧之『北越雪譜』
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-21 12:42 | 日日。

アークトゥルス。

そういえば昨日・2月18日は新月そして旧正月だったのでした。
あたらしく何かがはじまったり生まれたりしてたんだろうか。

たまたま日付が変わる頃にコンビニへ買い物に出かけ、
(コンタクトレンズの消毒液が切れていたので)
もう春の星座が昇ってきているのに気がついた。
北斗七星の下の方に、赤い大きな星。アークトゥルス。
1年ぶんの時間と距離について少しだけ思ってみる。
あんまり考えると果てしのなさにくらくらするので、少しだけ。

恒星はみんな少しずつ動いているんだそうだ。
秒速十数キロとか数十キロとかで。
アークトゥルスはもっと高速で動いているらしいが、
あんまり遠いから動いているなんてわからない。

星もおどってるんだねえ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-20 00:34 | dance

海。

f0039843_23141251.jpg

f0039843_23141278.jpg

今日はきこり文庫のおどりばWSに参加しました。
今回の“おどりば”は「海」!でも昨晩からの雨は昼になっても止まず、電車に乗っても止まず…しかし、目的の駅に着いたら雨は上がって、お日さまの光が…!
海では貝を探し波とたわむれ散歩中の犬を撫でさせてもらい鬼ごっこに興じ…
とまぁ、おどりと何の関係があるねん!と言われそうですが、もしかするとおどりというのはたぶんそんな特別なものじゃないのかもしれません。いや、違う意味じゃ特別なんだけどね。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-18 23:14 | dance

畳半畳9。

2007年2月13・14・19・20日  19:30開演
『ちょっとした舞・踊の祭典 畳半畳vol.9』
@神楽坂die pratze 
2月13日〈火〉 相良ゆみ、中村公美、烏田紀子、石本華江、コグレアケミ
2月14日(水) 岩崎一恵、若尾伊佐子、大迫英明、秦真紀子、武藤容子
2月19日(月) PANCHA、下田明正、椎名利恵子、りな・りっち、浅見裕子
2月20日〈火〉 川上暁子、ノシロナオコ、いとうみえ、幸内未帆、御之道似奎
企画:中西レモン 前売・当日=¥2000(1日)

とりあえず、岩崎一恵の畳半畳デビューは無事(?)終了しました!
ご来場いただきましてありがとうございました!
いや〜、見ると踊るとじゃ大違い(当たり前だ)。大変さも面白さもやってみなきゃわからないものですねえ。勉強になりました。
他の場所でもできること、ではなく、畳半畳という場所でしかできないこと、というのを自分なりに考えてやってみたけれど、そうやって今回試したいろんなことがこれからの自分のおどりにつながればいいなと思います。
畳半畳9は来週も2プログラムありますので、こちらもぜひよろしくお願いします。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-14 19:30 | dance

バレンタインデイ・イヴ(本番前日なの!)。

動きと考えに詰まって固まる数日。ストレスのせいか胃腸の働きも鈍りがちで吐き気を覚えるし風邪を呼び込みそうになったりもして何だかやたらナーバスで困る。
そんな本番間近のわたしをよそに人生初の“手作りチョコレート”に挑む小6女子。しかし、「板チョコを湯煎で溶かして型に入れて固める」と言ってもそう簡単にはいかないのであった。チョコレートを溶かして固めるには細かい温度管理が必要らしく、うちに料理用温度計なんて素晴らしいものなどあるわけがない。適当にやってたら案の定失敗してしまい(チョコの脂肪分が分離してまだらになってしまった)、結局母の出番となるのであった。電子レンジでチョコを溶かす方法をネットで調べ、型で固めるのでなく市販のクッキーをチョコフォンデュしてトッピングするという手抜きを提案し、クッキングシートとクッキーを買いに出かけ、あれやこれや手伝う羽目になってしまった。まるで夏休みの宿題ぢゃないか…しかも手作り(なのか?)チョコなんてわたしゃ自分でも作ったことないぞ(疲)。
狭い台所はもうチョコの匂いで充満、おかげで胸焼けのする母でした。うぷ。
来年は自分でやってね。よろしく♪
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-13 17:02 | 日日。

きこり稽古。

3月のきこり文庫公演の稽古が本格的に始まりました。
振付家のいる現場というのは、ホントに勉強になります。
他人の方法論でからだを動かしてみると、気づかされることが多い。
まだまだ耕せる部分がいっぱいあるじゃないか!
もうこの際どんどん耕したい。耕し尽くしたい。

うまくやる、とか、こなす、ということじゃなくて、自分のからだでいろいろ試したり実験したりつきつめたりしていくことが大事かな、と思います。今のところ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-09 02:48 | dance

がんばれ!図工の時間!!

たまには真面目な話題。

今、小学校の図工の授業時間が削減されているそうです。
また、過去の文科省の調査によれば、図工という教科に対する親の期待度はかなり低いとのことです。国語や算数、または体育などと違って、数値による結果が出にくいだけに余計軽く見られてしまうのかもしれませんが・・・
だけど、自分の手を使って、感覚を総動員して、自分だけの何かを見つけたり創りだすことは、時間がかかるけど、楽しいし大事なことだと思うのです。また、それは、今の、これからの、いろんなことに通じるんじゃないかとも。

で、『がんばれ!図工の時間!!』というフォーラムでは、これ以上小学校の図工の時間を減らさないよう、削減前の時間数に戻すよう請願するため署名活動を行っているそうです。わたしも署名してきました。
ご興味のある方はフォーラムのホームページをご覧下さいませ。もし、趣旨に賛同されましたなら、署名にもご協力いただければ幸いです。→『がんばれ!図工の時間!!』
[PR]



by kuukazoo | 2007-02-08 01:16 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧