日日のきれはし。

<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧




さよなら5月。

1年でいちばん幸せな5月が終わってしまいます。さみしい。
とはいえ、何だかいろいろあり過ぎた上に、あれこれと雑事に追われ、要らんことに心をわずらわせて、やや疲れ気味な感じ。

6時にアラームをセットして午前2時過ぎにふとんに入ったのですが、
目が覚めたらなぜか5時前で、
しかもダイニングテーブルに突っ伏してたって一体・・・
右腕と左脚がしびれてしまい「う、動けん・・・」と、
瀕死のごきぶりのようでしたよ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-31 08:14 | 日日。

5月の本。

f0039843_1843476.jpg

ますます夜起きていられない今日この頃のわたくしであります。しかも目下活字中毒状態なので読みながらいつの間にか寝ていたりして、気がつくと5月も終わりに近づいているではないですか。
寝不足のせいか本の読みすぎのせいか、5月のひかりがまぶしくてなりません。息継ぎのへたな泳ぎ手のようにあっぷあっぷしながら歩いています。

昨日はいっぱい本を買ってしまいました。
その日発売の『暁星記』7巻だけ買うつもりだったのに、最初に入った本屋にはなくて、でも諸星大二郎の『私家版魚類図譜』があったので買い(だって家の本棚には『私家版鳥類図譜』もいる)、次に入った本屋で棚に1冊だけ差してあった『暁星記』7巻を発見。このマンガはもう連載はされてなくて単行本書き下ろしでしぶとく続いており、この巻で完結予定だったんだけど、帯には「クライマックスが到底収まりきらず続刊が決定!」とか。笑う。
その後、復刊が待たれていた『最後から2番目の真実』(フィリップ・K・ディック)がすでに積んであったのでそれも買い、愛しの堀江敏幸さんの最新刊『バン・マリーへの手紙』も勿論買い、危うく歯止めが利かなくなりそうになったが、なんとかそれ以上は思いとどまり、帰る。

欲望のおもむくままに買っているともう本が増えて増えてかなわないので、なるべく図書館を利用するようにしているけど、やっぱりそういう訳にはいかない本は迷うことなく、買う。

そんなこんなで日曜に図書館で借りてきた本を読む合間に昨日買った『暁星記』と『魚類図譜』を読み、堀江さんの新刊を愛でる。もぉ触るだけでしあわせ(笑)なのです。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-24 18:43 | ときどきの本。

回文母娘、その2。

約3年ぶりに復活。

猫にコネ。
河馬か馬鹿。
仮想は嘘か。
くらげ、楽。
冷凍トイレ。
華麗!トイレか。
そ。海亀が女神、嘘。
考える。え、眼科。
熊を抱く婆、くだをまく。
mixi、なんかわかんないしくみ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-18 22:39 | 日日。

眠い人。

最近なぜかとても眠い。
前は午前2時とか3時まで起きていられたのに、ここんとこ1時までまぶたがもたない。
その代わり朝は5時半とか6時に起きている。
だが昼間も結構眠い。
電車で座ろうものなら即爆睡です。うとうとなんてもんじゃないです。
緊張感なさすぎかも。
ムーンライダーズの歌にひたすら眠い眠いってのがあったようななかったような。

先日久々にジムへ行ったら、ぜんぜん力が入らなかった。
筋力がた落ち。
叱咤。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-18 00:35 | 日日。

少しでも。

日曜日は

国立市の教会で行われた前夜式に行きました。
教会に入りきらないほどたくさんの人たちが最後のお別れを言いに集まって、本当に誰からも愛される素晴らしいひとだったんだなぁと改めて思いました。

月曜日は

お昼に行われた葬儀には行けず…仕事の後にセッションハウスのクラスを受けに行きました。
ここで毎週恵里花さんのクラスを受けたことやダンスを観に行ったことなど次々思い出されてきて、そしてもういないのだということが暗く重たく心にのしかかってくるのは、やはりどうしようもありません。

残念で残念でしかたないけれど、でも、恵里花さんのクラスは本当に素晴らしい時間で、ここで教えてもらえた全てのことに感謝しています。今、わたしが踊れているのも恵里花さんの教えがあったからだと思うし、これからもそのことは忘れずに踊りつづけていきたい…です。
いただいたことを少しでも返すことができるように。なりたい。

ああ、こんなふうにダンスが人をつなげていくってことがあるのかなぁ。
そんなふうに思ったことが今まであっただろうか。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-16 17:03 | dance

悲しい知らせ。

先日からのたいへんな状況(義母が劇症性心筋炎を発症しICUで治療中)は、とりあえず徐々に好転しつつあるようで、まだ油断はならないもののちょっとは安心できそうです(ご心配くださった皆さまありがとうございました)。

なのにどうしてこんなことになっちゃうのか。

昨日の午後、ダンサーの野和田恵里花さんの訃報を受け取りました。
昨年末から闘病中で、GWに退院し在宅療養に入っていましたが、
11日昼、12時すぎに安らかに息をひきとられたそうです。
少しでも回復されることを願っていましたが、大変残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。
※葬儀等について情報が欲しい方はお知らせを流しますので御一報下さい。

こんな風の吹き荒れる、太陽のまぶしい日にたましいは旅立っていったのかと思うと、それはもう恵里花さんのダンスそのまんまのようで、
今ごろ思うぞんぶん踊ってるんだろうなと想像しながら、
でもやっぱりもっと生きていてほしかったです・・・
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-12 03:15 | dance

動かない。

強風のため電車が予想以上に動きません。
最寄り駅を出てからもう1時間以上経ってますが、一駅しか進んでません。
いまだ進む気配なしです。
いやはや。
自然現象には勝てませんな。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-11 10:03 | 日日。

ディック漬け。

まだ予断はゆるさないものの、事態はやや好転しつつある。
関係者の緊張も多少ゆるんだ。
このままよい方向に向かってくれればよいのだが。

そういうわけで、なぜか今フィリップ・K・ディック(1928−82)漬けです。
作中人物の名前が外国人名(当たり前か)ってだけで読む気が失せることが多々あるのですが、とりあえず今は読む気まんまんです。
しかし、あまり明るい世界ではありません。
なぜ読む気まんまんなのかはわからないけど、今の気分に合っているのでしょう。
今がどういう気分なのかもあんまりわかってないのですが。

せっかく堀江敏幸さんの新刊を買ったのに、こんな状態ではとても読めません。
かなしいのでときどき触るだけにしてます。すりすり。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-11 03:11 | ときどきの本。

普通の生活。

黄金週間が終わったとたん、突如たいへんな事態が生じてしまったのだが、とりあえず今のところは普通の生活を続けざるをえないというなんとも微妙な状況…

事態が少しでも良い方向に向かうことを祈るしかない。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-09 09:47 | 日日。

夏が立つ。

5月6日、立夏。
一日雨が降りやまず、黄金週間のクールダウンにはいい日だったのかもしれません。
夏本番にそなえて日よけのためのゴーヤを植えなくてはいけないのをすっかり忘れていました。今週末にやらねば。
去年はなんだか寒い日々が続いてて、いつ植えようかと悩んでいる間に夏が来て、あっという間に終わってしまった感があり、まぁ、すごく暑い日も少なかったので、なんとかなってしまったのですけどね。今年はどうなるやら。

今日の料理。

今朝はアボガドのチーズトーストを作って食べてみましたが、あまりに味が濃厚でトースト1枚食すのに結構努力を要しました。食パンじゃなくスライスしたフランスパンとかにすれば、おつまみ風でいけるかも。

夜は夜で、さつまいものポタージュという、これまた濃厚なものを作ってみました。確かにさつまいものほんのりした甘みは美味しいのですが、やはりあまりに濃厚でカップ1杯でもかなりお腹にたまってしまい、他のものを食すのに結構努力を要す結果となりました。

全然夏っぽくなかったです。
[PR]



by kuukazoo | 2007-05-07 01:26 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル