日日のきれはし。

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧




大晦。

f0039843_14205694.jpg

生後3ヶ月の甥っ子。
乳児ってつくづく見ていて飽きない。
足の形状とか特に。

あっという間に大晦日。
昨日は大掃除もそこそこに帰省。結局年内に片付けは終わりませんでした。

まぁ仕方ない。生活とはそういうものです。散らかしたものを片付ける。んでまた散らかす。片付ける。生きてる限りその繰り返し。
そうやっていつの間にか歳をとっていくわけですね。
一昨日の夜には家族から一足早い誕生日プレゼントをいただきました。
コーヒーミルとネルドリップのコーヒーメーカー。
いや、欲しいなって思っても自分でお金出して買うのはちょっと、ってものをもらうのは正直うれしい。ありがとうです。
年が明けたら、さっそく豆挽いて淹れてみよう。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-31 14:20 | 日日。

穴を掘る。

うーん。
年も押し迫ってきたってところで何だかガス欠気味。
とても何かを「納める」という感じではなく、どうもぴりっとしない。年末なのにこんなんでいいのか?
いろいろイベントのお誘いはいただいているのだけど、夜はなかなか出かけられない事情もあり、それでなくてもいまいちノリが悪くてそこに入っていく気力にすでに欠けているみたいだ。



穴掘ってもぐってみる。
出てきたら熊になっている。
出てきたらハリネズミになっている。
出てきたら大蟻喰になっている。
出てきたらアルマジロになっている。
でも誰も気づかない。
しかたないのでまた奥さんとお母さんとパートタイマーとダンサーをやる。
我ながら器用だ。
だけどやっぱりけだものなので時々ぼろがでる。
あれ?
穴にもぐる前は何だったんだっけ。
穴。
穴ってどの穴だっけ。
忘れた。
しかたないのでまた穴を掘る。
掘るともぐりたくなる。
そんなんで
そこらじゅう穴だらけ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-28 19:34 | fragments

終わらない。

f0039843_207493.jpg

冬至でした。
雨が降ったり風が強かったりで、おとなしく家にこもって掃除と片付け。とにかくダンボールを1つでも減らすべく、片っ端から開いていったものの、どこに収納したらいいか困った末、結局またダンボールに封印してしまったり、ゴミの日待ちになっちゃったり、というわけで、片付いた気が全然しない。このままでは確実に来年に持ち越しになってしまいそうでこわい。ずいぶん処分したつもりでいたのに、このモノの多さはいったい何?

そういえばクリスマスでした。
別にキリストの誕生日なんてわたしにゃ関係ありませんが、安売りの鶏の唐揚げで動物性たんぱくしつを補給し、また堂々とケーキを食べる年に数少ない日でもあります。
片付けも中途半端なまま日が暮れて、慌てて夕飯の買い物に出かけたら、東の空に満月と火星が並んで輝いていました。って、厳密には並んでる訳じゃなく、たまたまそう見えるだけなんだけどね。でも、速度も距離も進行方向も違うのにここからは並んで見える、というのを見つけた、ってことが何だかちょっと楽しかったりするのだ。

気がつけば2007年もあと残り1週間でした。ひたすら残務整理。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-25 20:07 | 日日。

火星最接近。

帰り道、東の空にやけにでかくて赤い星が光ってるので、火星かな?と思って調べてみたらやっぱりそうだった。今日19日に最も地球に近づくのだそうだ。
占星術に興味はないけど、星の運行や位置関係については時々知りたくなる。別に天文ファンというわけでもないが、たまにはここから見える遠い星のことを考えてみるのも楽しい。
火星といえばやっぱりブラッドベリの『火星年代記』かな。近頃はSF小説には全くご無沙汰だけど。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-19 17:21 | 日日。

点火。

日曜日、さすがに灯油ストーブの掃除をして(というか、それって使い終わった時にやるもんじゃないのか?)、新しい灯油(高いのなんのって以前の倍に値上がりしてるんでもったいなくて使えやしないんじゃ意味ないし)を入れ、火をつけた。大脳辺縁系に刷り込まれた古来からの火への信仰のせいか、カーボンヒーターよりも優しく体をぬくめてくれる気がする。もしわたしがもっと寒い土地に住んでいたら、絶対薪ストーブにするのだが、薪ストーブのある生活を求めてわざわざ寒い土地に引っ越そうとはさすがに思わない。頭の中で考えてるより現実は厳しいのだ。もちろん、その厳しさを敢えて乗り越えてやってみたいことやたどり着きたいこともあるのだけど。

土曜日は来年春に関わる踊り企画のミーティング。秋くらいから集まって何となく動いてはいたのだけど、久々の顔合わせ。日程やら場所やらコンセプトやら具体的にいろいろ決まってきて、年明けから本格的に始動する予定。
春に咲くためには冬の時間が必要なのだよ。

Light my fire.
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-18 20:06 | 日日。

武勇伝。

f0039843_10324470.jpg

昨日たまたま2階の窓から外を見たら、お向かいの家の屋根で幸子さんがカラス2羽と戦っていた。
意外にお転婆さん。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-16 10:32 | 日日。

シンプルに。

f0039843_21394967.jpg

セッションハウスでエーヴァ・ムイルというフィンランドのダンサー・振付家のワークショップを受けた。1回だけのつもりが結局全3回通ってしまって、自分の身体に意識を集中しながら、いろんな条件の中で動く、というベーシックなことに久々にじっくり取り組めたので良かったと思う。DS以来踊りへのモチベーションが落ちっぱなしで、正直悩んでもいたのだが、こういう時って無理に新しいことをしようとあがいても駄目で、自分の踊りの原点とか、今までやってきたこととか、とにかくすごくシンプルなところに戻って確かめながらまた地道に積み重ねていった方がいいのだなぁとつくづく感じた。これからも「やっぱり/だから踊りたい」んだなということがわかったし、踊り続けていくうえで自分が見失ってはいけないものが何か、少しは掴めた気がする。

ムーミンの国フィンランドからはるばる踊りに来たエーヴァはとってもチャーミングな女性で、ワークショップ中に見本みたいな感じでちょこっと踊るだけでもその身体能力の高さを垣間見せてくれた。いったいどんな踊りをするんだろうなぁと思って検索してみたら最近の作品のタイトルが「ミミズ」とか「胃から魚」とか「情けない、そして翼もない」とか。って、わけわからなさすぎ(笑)。けどかなりツボにはまる。そそられるけど仙台と栗東じゃなぁ。遠。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-13 21:39 | dance

湯たんぽ。

今住んでいる家は前よりも広く、そして窓も多いので冷気の侵入もただごとではない。というか、暖房のパワーが小さ過ぎるのだろう。決して家庭内で寒さ我慢大会をしているわけではないのだが・・・

さてさて、この冬は湯たんぽの売れ行きが好調という話をニュースでよく耳にします。うちも去年あたりから使っていますが、低温やけどには要注意です。弱火でじっくり奥まで火が通ってしまうので、なかなか治りにくいとか。ついつい密着してしまいたくなる温かさですが、多少距離を置いた方が良さそうです。やっぱり人肌が火傷の心配もなく安心なのかもしれませんが、小3女子の頃までは素直に湯たんぽの役割を果たしてくれた中1女子も湯たんぽにするにはでかくなりすぎてしまいました。しかも陸上の短距離選手なので蹴りの強さときたらもう。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-12 01:45 | 日日。

師走です。

いきなり寒い。
特に朝方はカーボンヒーター1台だけではちょとつらいかも、と思わないでもないが、ひたすら厚着する。もちろん灯油をけちっているのである。というか、灯油ストーブを掃除するのをめんどくさがっているのである。ということを家族にさとられないよう、毎朝いろんな野菜をぐたぐた煮たスープを供する。料理するのはあまりめんどくさくないけど、掃除はめんどくさいのだ。どっちがいいんだろう。

12月に入って、早くも来年のこととかが話題に上るようになった。わたしは全然来年どころじゃないんだけど、12月はあっという間に過ぎちゃうから、気をつけないとすぐ来年だ。今年中にやらなきゃいけないことがまだいっぱいあるなあ。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-06 23:19 | 日日。

お湯が出る。

15年間住んでたところは、お湯が出るのはお風呂だけで、台所にも洗面所にも給湯設備はついていなかった。だけど別に不便は感じなかった。どうしてもお湯が欲しければコンロで沸かして使えばいいだけの話だし。
今住んでるところは台所でも洗面所でも蛇口をひねればお湯が出る。とはわかっていても今までの習慣でなかなか使えない。便利だとわかってはいるのだが、あったかいお湯でお皿を洗っていると、人間が堕落しそうな気がしてこわい。
せめて給湯器を軽くぴぴっと使えるくらいには文明人になりたいものである。
[PR]



by kuukazoo | 2007-12-06 18:06 | 日日。

猫よけのペットボトルの輪郭でたたずむ水に映るいちにち あるいは岩崎一恵のダンスって何?な今日この頃。写真:松本和幸
by kuukazoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク。

備忘録的twitter
たんなるメモと断片のコレクション
直ダンス!『春の燈』
2008年4月12・13日東中野RAFTにて
セラピストががんになったーカラダ・ココロ・タマシイを巡る旅ー
病というギフトを得たダンスセラピストの体験記録

ライフログ

ときどきの本たち。

ファン

ブログジャンル

画像一覧